1ea84fdb.jpg

(DSC-QX10のプレミアムおまかせオートでとってみました)

さてね。手元にあるタブレット的なものを並べてみましたよ。
左上より、
iPad mini Retina 7.9インチQXGA 331g
iPad 4G Retina 10インチQXGA 652g
VAIO Duo 11 11.6インチFHD 1665g(大容量バッテリー付き)
HTC J one 4.7インチFHD 157g(参考)
XPERIA Z Ultra 6.4インチFHD 212g
AQUOS Pad SH-08E 7.0インチFHD 299g

というわけで、ざっとこんなもんよ。もう1台8インチのWindowsタブレットが加わるかな。

ようやく、真のiPad mini登場という感じ。Appleが1年前にA6搭載のmini Retinaを出さなかったのは明らかな失敗だと僕は思ってます。世の中は絶賛してたけど、iPad2相当のダウンサイジング品じゃね。

感想としては、日本では現在のところ販売されている最強のスペックであるSH-08Eを持ってるせいか、立ち位置が非常に難しいんですよ。さらに言えばXPERIA Z Ultraなんていう無敵のファブレットを持ってるせいで、必要性も皆無なんですよ。たんなるmini欲しさだけのために買ったんだと。

前回の雑談で書いたと思うんですけど、iPad Airの衝撃は持ってみたらわかりますよ。アレは見た目に反して異様に軽い。1台に集約する必要性があってもなくても、iPad Air1台買えば持ち運びも困らないレベルです。僕のタブレットの隙間的には完全にAirだったという確信はあります。ただ、持ち運ばないのだから、Airであってもメリットは特にないです。(大差ないスペックで2万安ければそっち買う原理w)

miniはなんといっても薄い。iPad2って薄いはずだったんだけど(というか、初代iPadからiPad2にした時も割と衝撃ではあったよ)、片手で十分持てる薄さなので、電車の中でもそれほど両手で持つ場面は少ないと思います。iPad4Gはもちろん、SH-08Eよりも持ちやすいかと思います。
XPERIA ZUが薄かったせいで、SH-08Eを全く持ち運ばなくなってしまったのですが。(いやポータブル地デジTVとして最強だけど)
なのに、見た目より重い。Retina化して30g重くなってることが、地味に持ち運びを難しくしてる気がする。人間の視覚感覚の問題かもしれないですけど、見た目と重量のバランスが前モデルより重くなり、悪くなるだけで、こんなにタブレットのイメージを変えてしまうものなんだなと考えさせられます。

で、快適なんだけど、iOS7がしばしばよくわからないエラーでアプリが落ちたり、アプリ内課金したJubeatやREFLEC BEATなどの曲情報がstoreからリストアできなかったり、どうしてこうなった感はあります。WiFiやGPSは全く問題ないですね。マップの信用性が上がっているので、ナビなんかでも遊べそう。

概ねコンテンツが充実していますが、通常のWebを見たりとかは、ZUのほうが快適です。慣れと言われるとそれまでなのですが、意外とA7とiOS7の組み合わせは、スナドラS800とAndroid4.2と大差ないレベルです。Andorid業界の成熟期に入ってきてる今、商品の魅力としてはiOS製品はややパンチに欠けるのは事実です。だからiPad Airの衝撃が大きいわけですけどね。

これは愚痴なんだけど、ヨドバシやらビックやらのAppleのコーナー担当者の提案力の無さには、どう反応していいのかわからなくなる時があるんです。
ただ「薄くなったんですよ」とか「iOS7になって見やすいですよ」とか「Retinaディスプレイになって細密になったんですよ」とかって、製品の魅力を台無しにしてませんかと思うんですね。取っ掛かりはそこじゃなくていかにお客さんの環境に忍ばせることができるかじゃないの?
例えば簡単な話、お客さんが持ってるカバンがハンドバックなのかショルダーバックなのかでAirとminiを分けて薦められるような店員さんがいないじゃん。

「今まで小さなiPhoneでfacebookやっていたのを、ハンドバックに収まるぐらいのiPad miniで、もっと快適に使いませんか?画面が大きければキーボード操作もやりやすくなりますし、友人がアップした写真もRetinaディスプレイのおかげで、細かいところまで綺麗に見ることができるんです。しかもiOS7になったことで、今までより親しみやすい直感的なアイコンになって、ぐんと使いやすくなったんです。他の用途にも使える?それはお客様の工夫次第で、きっとiPadは答えてくれますよ。そう、iPad mini Retinaならねw」

今のAppleスタッフに足りないのはこの提案力だと思う。
スペック並べてるだけじゃ、ハッキリ言って押し売りと同じレベルの話になってしまうと思わないか?僕はそう思う。
ちなみに上の売り文句、miniを僕が最大限の褒め言葉として評価しました。
これで後押しされる人は別に迷わず買っていいと思います。

まとめると、
・iPad2以前のモデルからの買い替えにはちょうといいモデル
・多少重くてもいい、とにかくRetinaへの恩恵に預かれるコンテンツがあるなら買い
・ただし、今回はAppleのタブレットじゃなきゃ嫌という方は迷わずiPad Airを買うべき
・当初1年前に予想されていたiPad miniのスペックに追いついたので、我慢してた方は指名買い


正直、どのあたりの客層に進めればいいのか、僕が店員だったら上記の通り分からないものなのです。だからこそ指名買いじゃない限り買ってはダメなタブレットじゃないかなと評価しておきます。
miniを持ってるなら別に買い換える必要はないし、AndroidタブレットでもNEXUS7(2012)世代より後のモデルであれば、これもそれほど頑張って買うべきものではないと思います。持ち運びが頻繁ならセルラータイプなら、煩わしさから開放されるので、多少は考慮していいと思いますね。

まあ、僕のApple製品の購入タイミングの持論として、必ず偶数世代のモデルを買うのがベストであると思っているので、購入に踏み切ってしまったのは良かったかなと思っています。あくまで僕の感想。