あるさんのレビューblog

買ったものをレビューするページです。 読み物blogは「日常のblog」よりどうぞ。

カテゴリ: あの頃のハイエンドスマホレビュー

2bc3427e.jpg

久々にdocomo。SC-04D GALAXY NEXUSをレビューします。

・購入の経緯
21,000円の時に4.0スマホが欲しくて買いました。
ちなみにこの時点でもそこそこ売れていたのですが、後に機種変10,080円になったのは周知のとおり。何気に絶望するw
とはいえ現状をもってしてハイエンド端末ですし、レビューを書いている現状でこそTegra3やらSnapdragonS4搭載機が出てきていますけど、Ti OMAP4460搭載は一応最新世代ということで納得はしています。

・スペック
前述の通り、TiのOMAP 4460 1.2GHzです。ARROWS Zの兄弟CPUです。
ハイエンドで、内蔵GPUのスペックがいいのがポイントです。(知らなかったんだが、PowerVR系の流れなのね。)
1GBメモリに16GBの保存メモリを搭載。ペンタイルながらWXGAの曲面有機EL液晶を備えたNexus第4世代リファレンスモデルです。
(HT-03A→NEXUS ONE→NEXUS S→GALAXY NEXUSの流れ)
同一ブランドでHTCからSamsungにメーカーが変わるという展開を経ていますので、実質的には2世代目ともとれます。
前モデルNEXUS SがGALAXY Sをベースにしたハイエンドモデルであったのに比べ、今回は専用ハードに近いモデルです。

なお、日本人が好む外部ストレージがないという大きな弱点があり、(そんなに使うことがないと思うにしても)内蔵の保存メモリにすべてを収める必要があるのは要注意です。外付けのカードリーダーとかで対処出来るのかどうかは謎すぎるけどね。

・体感速度
体感速度は本当にサクサク。ARROWS Zも4.0にアップデートした日にはこうなって欲しいレベル。
また、4.0専用ブラウザになっているGoogle Chromeとも併せて、Web閲覧端末では最速レベルだと思います。
Chrome Mobileはメーカーが手を入れられる?こともあって、特色もあり、処理速度にも甲乙付いてしまっていたのですが、リファレンスモデルでこの速度を実装出来たことが素直にほめられる点です。

・液晶の表示、動画再生機能など
有機EL液晶。1280x800(疑似)4.65インチHD液晶。GALAXY NOTEとStreakを除けば、スマホサイズでは最大級の液晶を実装しています。
鮮やかすぎる気がしてしょうがない。あまり綺麗に表示されるのも問題なのかなと思いますが、IPS系統の自然な発色には割と近づいてきている感じはあります。どうもS2ぐらいまであったやや青みがかった感じが薄れているのは高評価ですね。
動画に関しては、HD解像度のmp4(X264)でコマ落ちがないです。FHDはさすがに無理。NitroHDより優秀な感じはしますね。
Need for Speed Shiftをインストールしてやってみましたけど、これもヌルヌル。

・タッチパネルの感度、操作性
Andorid4系になり、3系と同じく基本的にハードウェアキーを必要としないように、基本UIではドック下に左より「戻る」「ホーム」「メニュー」があります。なぜかXperiaと同じ配列です。
この辺までハード・ソフトともリファレンスモデルとしてしっかり作られているため、そんなに心配は入りません。端っこでも全く問題なく反応します。いや、これが商品上普通なはずなんですけどね。いかんせん日本独自モデルではよくあるんで、普通にそう感じてしまうのが切ないところです。

・オリジナルUIの使い勝手
これは4のUIなのでしょうかね。まあ、軽快ですし不自由はしないんですよね。
今まで3系のUIがタブレット専用のものだったこともあり、2系と3系が統合されたイメージといわれますが、個人的には使いやすくなった3系のイメージという印象。使いやすく?というと、まだまだ2系になれてしまっているので、判断しかねる部分ではあります。
これは国産メーカーでもデフォルトで搭載すべきじゃないかなあと思いますけど、特色が出ないですからね。

・筐体の特徴(ボタンやスピーカーなど)
左側にボリュームボタン。右側に電源ボタン。筐体下にmicroUSBとイヤホンジャックが付いてます。スピーカーは背面です。
歴代のGALAXYシリーズとは違う配列です。オペレーションボタンがソフトウェア処理されるため、このあたりのボタンがない分すっきりしてると見るか、それとも使い勝手に物足りなさを感じるか。その辺をどう見るかですね。
新型のGALAXY S3なんかもそうですが、総じて4.5インチ以上のスマホはこのように持ちやすさを考慮した作りになる分、形も結構バリエーションに富むかもしれません。そういう点では、画面サイズの拡大も歓迎すべきではないかと思います。

・電池の持ち
1750mAhと割に大容量です。当然電池の持ちも十分です。
個人的にGALAXYシリーズ(これはリードデバイスだけど)は電池持ちが優秀だと思っています。
これも回線使用(SPモード)でほぼ2日持つことを考えると、初代GALAXY Sにも負けないレベルだと思われます。
性能的には飛躍的な上昇を遂げていることを考えると、これはAndroid4の恩恵が少なからずあるのかなあと思います。

・その他
重量は135g(公称)。だいたい最近のスマホが目指すべき重量。まあ、概ねこのへん許容できます。
実機を手にしている方も多いと思いますが、そのサイズの割に軽く感じてしまうような錯覚を起こします。
湾曲したボディは結構人によるんじゃないかなあと思ったりします。僕の手はサイズが結構大きいのでまず問題ないのですが、女性では厳しいサイズのため、ホールド感を良くするためにこういったボディにしたのかなあと。(まあ、当然見栄え良く見せるためというのもあるでしょうけど)
あと着信ランプの位置。これはどうにかならなかったかなあと。Xperia rayのように工夫してボタンにランプを埋め込む機種があるというのに、露骨に取って付けたような液晶下部へのボタン配置には、かなり気になる点です。

・総評(点数とその理由)
「現世代のスタンダードゆえの受難」
なにせこのレビューでは、基本的に安いモデルは評価を上げるか下げるか半々です。今後書くと思いますが、その最たる例がWillcom D4です。

正直な話、安くなってしまうということは、何かよほどのことがない限り、見積もりを見誤ったということになります。結果ドコモはスマホを投げ売りすることになるのですがね。
この機種は万人受けしないことぐらい、普通のひとなら分かると思うんですよ。1台目としては最大のネックである外部メモリースロットがないから致命的に売れず、だからといってサブ端末にわざわざこれだけハイエンドなスマホを持とうとすることは、僕みたいな頭のイカレタおっさんぐらいじゃないかと。これを本気で売れると踏んでいたドコモのおめでたいことこの上ないですね。

それを抜きにして、スマホとしては可もなく不可もなくなスペックではあるものの、Android4という最大の売りがネックになってしまっている感は否めません。大まじめにメリットはChromeぐらいですよ。言い換えればそれぐらいとんがったところがないのです。
夏モデルが出た時にはほとんどがAndroid4になると思いますけど、これを使っていれば移行も苦じゃないとか、ど安定すぎるので誰かに4.0を使ってもらいたい人がぶつける向けとか、そんなもんしかないと思います。
安定して本当にクセがないので、4系を使ってみたいなあ、なひとにオススメします。

点数ですが、甘めにつけると100店取ってしまうので、90点ぐらいにしておきます。
減点対象がやっぱり着信ランプと筐体サイズかなあ。まあ、自分ではGALAXY NOTEぐらい味付けがない限り4.5インチ以上の必然性が見いだせないこと、あと日本市場にはニーズが合っていないこと。最後のひとつ以外は僕の都合です。そんなところにしておきたいと思います。

EVO3D ISW12HTをレビューします。

・購入の経緯
えと、まあ単に安かったということですね。ヤフオクで新品を購入したはずが、なぜかじゃんぱらの値札がついた中古品。
まあ値段を考えれば別に問題ないので、小一時間問いつめたい気分ではあるのですが、とりあえず使ってみることにしました。
名目上はEVO WiMAXのSIM情報をこいつに移して、acroを別の回線に回すためとしています。このためにarcが犠牲になったのでしたw

・スペック
MSM8660 1.2GHzデュアルコア。発売当初は非常に強力でしたが、Ti4430などが主流となってきている今ではそれほど特筆すべきでもないCPUです。
メインメモリは1GB。うちSence UIに200MBほど初期状態で裂かれるため、基本は800MB程度となります。
本体保存領域が1GB。それほど容量不足に悩むこともないと思います。microSDが8GB附属しているので、合わせて特に不満ないと思われます。
裸眼3D液晶、3Dカメラを搭載し、エンターテインメント性も重視したモデルとしてCMもオンエアされていました。
最近ではMNP一括0円CB対象機として、一部人間には使用しないのに人気というモデルです。
同時発売だったPhotonはdocomoのSIMが使えることやMotololaってことで人気なのですが、そういう意味では対照的です。

・体感速度
非常に軽快、と書くと「またかよ能無し」とかいわれそうなので。
UIでも記述すると思いますが、UIの出来がよく、さらにデュアルコアということで、全体的な処理の向上はあります。ただ、思ったよりヌルヌル感はなく、どちらかというとキビキビといった動きをします。この辺は好みが分かれそうですけどね。

・液晶の表示、動画再生機能など
4.3インチqHD(960x540)3D液晶を搭載。液晶自体はTFTです。
EVO WiMAXの時も思いましたが、TFTとは思えない綺麗さ。IPSにはかないませんが、実際使っててそんなに不満はないですね。
というか、この解像度はIS03のときに一度使っているのですが、あのときは擬似解像度って可能性がありましたから、それに比べるとガジェットなどのデザインも崩れないのは、すごいいいと思いますね。そういえば、iPhoneは3.5インチでこの解像度。
個人的にはこの解像度で画面サイズだから使えるというのはあります。ただ、同様の解像度であるARROWS Zや4.5インチのNitroHDのWXGAなどに比べるとWebを見たときのぱっと広い感がない感じで、少しどうかなあと思います。
可不可ないレベルですが、今後Android4系になったときにも問題ないのかが少し気になります。(もっとも、SenseUIがなんとかしてしまうのでしょうけど)
ちなみに裸眼3D表示ですが、非常に気持ち悪いレベルです。僕がガチャ目ってのもあるんですけど、めがねで視力を補助しても、飛び出すというよりは3重にモノが見える感はあります。裸眼としてはこれが限界のレベルかなと思います。ああ、Lynx3D(SH-03C)よりは浮いて見えました。
余談ですが、3D専用アプリのスパイダーマンとNeed For Speedは意外と楽しめる(Need for Speedは課金版買ってるけど)ので、EVO3Dを買ったら、まずは遊んで欲しいと思います。(ちなみに、課金版Need for Speedは動作しなかったよ。)

・タッチパネルの感度、操作性
良好です。というか、指の動きに対する追随性が非常に良いです。このあたりHTCは一日の長がある感じはしますね。正直どっかの全部入りに見習わせた方がいいレベル。動作も含め、これは非常に快適です。
と、ここまで書いているんですが、どうもズームアップ/ダウンはガクつく感じがあります。このあたりがスマホサイズで滑らかに動くものがあればと思うのですが、例えばGPUアクセラレーションがONになる4.0以降でどうなるのか?今のところデバイスがないので試しようがない状態です。

・オリジナルUIの使い勝手
HTCが誇るSense3.0が搭載されています。珍しくメインメモリよりあらかじめUIに200MB程度メモリ割り当てを行なっているようです。メインメモリがスペック上1GBでありながら、800MB弱しかないのはそのためです。
Ver.1あたりと見栄えはあんまり変わりませんが、かなり使い勝手やウィジェットの面では格段の進歩をしています。僕は普段10円セールで買ったADW EXとbeautiful Widgetを使っているのですが、どちらもなくて問題ないぐらい動作に遅さを感じないです。とにかく見た目以上に軽快です。
ウィジェットの見た目なんかは元々このHTC Senseがベースなのも多いので、それで違和感なく使えるのかもしれません。

・筐体の特徴(ボタンやスピーカーなど)
上部には電源ボタンとイヤホンジャック。左側にmicroUSB、右側にボリュームと2D/3Dカメラ切り替え、シャッターボタン、下部にスピーカーです。個人的にサイドにmicroUSBがある機種は好きじゃないです。しかもやや中央寄りにあり、充電してるときに持ちにくくなるのがデメリットです。
アルミ削りだし風のシャッターボタンは高級感があっていいですね。どんなにチャチなやつでもいいので、シャッターボタンは欲しいです。
ディスプレイ下にはおなじみHTC配列の静電式ボタン。最近は3つ多い中で4つあえて付けるところにこだわりが感じられます。
総じて片手で操作出来ないことはないのですが、171gと最近の機種では異様に重いのが最大の弱点。同等のスペックでも140gを切る端末が多い中、せめて150g台ならと思えるんですよね。…いやうそです。それは次の項目で書きます。

・電池の持ち
台湾メーカーながら、アメ車っぽい雰囲気あるHTCらしく、燃費が最悪。(語弊があるといけないので一応弁護しておくと、最近のアメ車は日本車より燃費いい車もあります。)正直1800mAhあるバッテリーで、こんなにバッテリー持たないのかという疑問が湧きます。てかさ、ARROWSみたいに薄くて軽くてバッテリー少ないならわかるんだけど、これぐらいゴツくてバッテリー持たないとか何の罰ゲームなのかわからないです。EVO WiMAX同様大容量バッテリーを即買っていいレベル。それでも倍。これでようやく並みのスマホぐらいです。
ちなみに、3G/WiMAXを切った状態では、大容量バッテリーで1週間持ちます。このぐらい持てとはいわないので、せめてフル使用で2日ぐらい持って欲しいかなと思います。

・総評(点数とその理由)
「台湾生まれのアメ車」
すべてにおいてHTCらしさ炸裂です。いや、手の大きな俺がそれを思ってしまったらダメなのですが、重くてゴツい。171gもあると、130g台で4.5インチ液晶を搭載するモデルが存在する今では、すさまじく厳しいです。ガラケーの一番重いのが150g、そのぐらいで済まないと実はかなり厳しいのだなと感じます。
個人的にはSensationぐらいの148gで収まっていれば特に問題ないと思うのですが。

まあ、とはいえ、HTCといえばゴツくてデカいのが当たり前なので、MMCで発表されたHTC oneシリーズは、逆に違和感ありそうです。

ルーターとして使う場合、大容量バッテリーを利用するのが必須だと思います。重さ とのトレードオフで倍近い稼働時間を得られ、なおかつバッテリーが異様に安いのは、悪くないです。端末価格と合わせ、コストパフォーマンスは異様にいいです。
今回、KDDIとHTCがスマホ開発で提携するというニュースがありましたが、よりローカライズされた機種が登場することになると思います。今後、HTCからはグロスマは完全に消える可能性も否定できません。HTCらしいスマホが欲しいということであれば、1台持っていてもほぼ文句ないレベルだと思います。
点数ですが、スペックの面では全く申し分ないです。が、端末自体の重さだけはどうしても如何ともしがたいですので、80点ぐらいかなあと思います。
使い勝手は80点を上回るレベルですので、興味があれば是非買って使って欲しいです。

いや本当にいい端末なんだから。重いだけで悪くない端末なんだからねっ!!
(ここは「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね!」的な感じで)

↑このページのトップヘ