あるさんのレビューblog

買ったものをレビューするページです。 読み物blogは「日常のblog」よりどうぞ。

カテゴリ: 海外スマホのレビュー

今回は、Huaweiのhonorブランドから出ているhonor 8X MAXをご紹介。
IMG_20181120_195612



もはやスマホとは呼べないサイズ。7.12インチの超巨大スマホ

簡単なスペック
Snapdragon S636 1.8GHz x8
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
7.12インチFHD+(2244x1080)液晶
1600万画素+200万画素(リア)/800万画素(フロント)カメラ
ステレオスピーカー(後述)、3.5mmイヤホンジャック
無線LAN 11ac対応(433Mbps)、Bluetooth4.2(LDAC/aptX HD/HWA対応)
指紋センサーあり(背面)、顔認証可能(フロントカメラ)
microUSB端子
nanoSIMスロットx2/MicroSDスロット(それぞれ別個にあり)
5000mAhバッテリー
177.6 x 86.3x8.1 mm(縦/横/厚さ)、210g
Android 8.1(EMUI 8.2.0)

今や死語となった、ファブレットの末裔と言える存在です。
ファブレットの始祖とも言えるXPERIA Z Ultra(6.4インチ)が2013年の夏頃に海外で発売されて以来、6インチオーバーのスマホはごく少量ではありましたが、販売されていました。例えば、LeTV Max X900、Xiaomi MI MAXシリーズ、Nexus6などですが、基本的に大柄となるので、スマートフォンというよりは、タブレットとして使える感じだったと思います。
国内ではGALAXY Noteシリーズがメジャーですが、次第に画面が巨大化されつつあり、最新のNote9では6.4インチながら、ごく普通のスマホより若干大きくなった感じになりました。5年でそこまで進歩したということになります。
ちなみに参考までに、XPERIA Z Ultraは179x92x6.5mm、214gとなっています。今回のhonor 8X MAXは近いサイズながら、液晶サイズが巨大になったと考えられます。

で、本題。
7.12インチなら、もうタブレットとして使うことも出来るんじゃないかという感じと、S636搭載スマホはどんなものなのかを知りたいということで、購入しました。
今回はAliExpressのJKTEAM Storeで購入。本体は218.99ドルでした。

ちなみにXPERIA XZ Premiumとのサイズ比較。
IMG_20181121_194726

サイズが違いすぎてもう何がなんだかw

LTEバンドはおなじみの1/3/8/41です。ソフトバンクのMVNO、もしくはワイモバイルなどで利用するのがいいと思います。auのVoLTE SIMは差した瞬間だけ4G表示されて、そのまま通信は出来ませんでした。
ドコモとワイモバイルのSIMを2枚差ししていますが、両方共CAで接続しています。あ、当然ながらDSDV対応ですね。ドコモのVoLTEには残念ながら使用できませんでした。

IMG_20181120_200436

背面。何気にカメラに対して水平のロゴがおしゃれですね。指紋センサーも無理ない場所にあります。
筐体右側(この場合は上に当たる)に音量、電源ボタン。筐体下部にイヤホンジャックとmicroUSBがあります。
中国市場向けでは未だにmicroUSBも多いのでこの点はやむなしな気もするけど、もういい加減type-Cで統一していいのではないかと思いますね。

片手操作がなかなかつらい感じですね。
ズルトラの場合、上下に結構幅があったので、そこまで問題なかったのですが、もう全面液晶となるとどうやって持つべきかという難しさがあります。その点、両手で使うことを考えれば、そこまで問題なさそうなイメージはあります。

EMUI、最近のEMUIはAndroidネイティブのホームも使えるようになっているので、別途ホームアプリを入れずに済んだのは大きいです。(EMUIの設定で選択が可能)S636の性能も相まって、このスペックでも十分快適に使うことが可能です。普通にSNSを使うぐらいなら、まず問題なさそう。
多分、Googleサービスが入っていることを考えると、改造ROMだとは思いますが、素直にサービス追加だけしているような感じだと思います。

さて、ゲームとなると話は別。

デレステの場合。
Screenshot_20181121-193917

上のスクリーンショットは3Dリッチ、高画質、画面に合わせた全画面表示です。
撮れたのは2149x1080。左側はドロップ型ノッチですね。
本来の解像度は2244x1080となるため、最初から95ドットほどなくなります。
おそらく30fpsぐらいは出ていると思いますが、やっぱりS835に比べるとフレーム落ちしたような感じになりますね。感覚的にこれは可/不可として判断するには難しい、ちょうど境目のレベルです。

スピーカーは通話用スピーカーと、普通の出力用スピーカーによるステレオです。音はスマホとしてはかなりいいですが、下面サイドにあるスピーカーの向きの問題があって、なんとなく左側に音が寄った感じに聞こえます。

18.7:9という訳の分からない画面比率となり、プレイするにも下面側に寄る方になるため、持ってプレイするにもなかなかつらい感じです。親指プレイだと1→5までのスライドが無理ですね。

んじゃあ、でかい画面を利用して、電子書籍リーダーとしてはどうかと。
Screenshot_20181123-211948
1ページ表示だと、上下の空白がものすごく気になります。もったいないですね。

Screenshot_20181123-211954
一方、横での2ページ。これだと小型スマホの2画面分となり、文字は読みづらい感じです。
動画などもデレステと同じく、ノッチ側が使えません。まあ、この点はやむなしですね。


bluetoothのオーディオコーデックはさすがにすごい。

Screenshot_20181121-205536
LDAC接続、HAW接続、そしてapt-X HD接続に対応しています。これはすごい。Dolby Atomsによるエフェクトも利用出来るので、イヤホンジャックでも恩恵は十分受けられます。microSDスロットもあり、音楽などを聞くのには、不足はないはずです。

バッテリー持ちも良く、さすがの5000mAh。普通に使ってもおおよそ2日程度は十分使えると思います。長時間ゲームなどをやるとかでなければ、まず問題なさそうですね。


良くも悪くも「大画面」が目立つが、性能は申し分なし
画面のサイズが大きいということで、いろいろ使えるんじゃないかと思いましたが、当初の目論見からは若干外れてしまいました。実機を触ったことで、まず、液晶サイズからタブレットとして使える、という考え方が間違っていたことを認識。結構残念。
そして、スマホとして考えると、このサイズは異質だということに気づくわけです。16:9から18:9、さらに縦サイズが大きくなると、アプリ側の問題が増えてくると思っていましたが、これがモロに出た形となります。これが時間の問題となるかどうかは、もうちょっと先の話になりますね。

現状のスマホとして考えても、十分すぎるスペックを持っていますし、何よりストレージが64GBあり、さらにmicroSDで拡張出来る点は非常に大きいです。
予算に余裕があるならS660搭載の6GB/128GBモデルも購入可能ですが、コストパフォーマンスだけで言えば、それほど性能の違いがないS636モデルのほうが優れている感じはあります。

この画面のサイズのデカさを全く生かせない状態が続くようであれば非常に勿体無いんですよね。だけど今後コレがスタンダードになるとは思いにくいので、そういう過渡期のモデルだと認識した上で、大画面スマホが欲しいということであれば、選択肢に入れてもいいんじゃないかと思います。
ただ、スマホでもない、タブレットでもない、この中途半端な感じは拭えませんね。買うなとは言いませんが、あまりおすすめは出来ませんね。


個人の見解ですが、これを買うならhonor 8Xでも良かったかなと、若干の後悔をしながら。





おしまい

(2018/01/09、2018/03/25内容訂正)

ファイル 2017-12-27 23 07 01


今回は、本当に待ちに待ったnubia Z17S NX595Jの実機レビューです。


開封の儀


_20171228_013417

Z17と同じサイズの箱


_20171228_013458

開封

_20171228_013559

どうでもいいけど指紋ぐらい拭き取って欲しい。


かんたんなスペック

(赤字はZ17からの変更点、メモリとストレージはモデルにより異なる)
Snapdragon 835 2.45GHz x4+1.9GHz x4
メインメモリー 8GB(LPDDR4X)
ストレージ 128GB(UFS2.1)
5.73インチ 2040*1080液晶(LTPS TFT、IPS)/2.5Dガラス
無線LAN 11ac(867Mbps対応)/Bluetooth4.1
1200万画素+2300万画素(リア)/500万画素+500万画素(フロント)カメラ
指紋認証センサー
USB type-C端子、イヤホンジャックなし(アダプター付き)
TI TAS2555搭載、DTS Headphone:X(ヘッドホン装着時)
nanoSIMスロット x2(DSDS対応)/microSD対応なし
3100mAhバッテリー
147.5 x 72.6 x 8.5 mm 170g
タッチボタン非搭載(スクリーンボタンへ変更)
Android 7.1.1(nubia UI 5.1)

日本国内のLTEバンド対応は以下の通り
B1/B3/B8/B19/B41
なお、ドコモではスタンバイ中は4G+かつHD Voiceの表示が出でおり、SPモードであれば珍しくVoLTE通話も可能な端末の模様。(SH-N01との相互通話テストで確認)
Screenshot_2017-12-28-17-52-47

ちなみに、ドコモ、ワイモバイルでは問題なく使用可能。ドコモは上記の通り。
auのVoLTE SIMに関しては4636でLTE Onlyなどもやってみたものの、アンテナ立たず。

ファイル 2017-12-27 23 08 02

光のあたり具合で青に見えます。どっちかというと普通に持ってる分にはダークブルーといった感じ。


ファイル 2017-12-27 23 05 02

サイズ比較。
これでXPERIA XZ Premiumよりサイズが小さく、液晶サイズが大きいというのは、ある意味衝撃的。
ちなみに縦横のサイズはXPERIA Z4とほぼ同等程度。


ファイル 2017-12-27 23 05 57

やっぱりGALAXY S8+の指紋センサーの位置はおかしいと思う。

単純にZ17から上下のベゼルを外した感じと考えればいいような気もしますが、イメージとしてはXPERIA XZ1を若干分厚くして、その分ディスプレイサイズを大きくした感じです。電池容量を考えると、170gというのは納得かなと思います。ちなみにGALAXY S8+は173g、今後2年使うXPERIA XZ Premiumは195gと、液晶サイズに反比例して重さがあるというw

残念ながら、今回はどうも防水ではないようです。


今回はショップROMを使っています。というのは、カスタムROMが全くないことに加えて、ファームのアップデートが11月以降止まっている(厳密にはアップデートはあるんだけど、公式のROMとしては登場していない)ので、やや不本意ながら。
割と色んな国のギーグ層が買ってるはずなんだけど、TWRP+rootまでは出来ているのと、インドやイタリアなんかでも発売予定にはなっているので、時間の問題だと思われます。ちなみにArchos Diamond OmegaのROMも探してみたんですけど、こっちもありませんでした。


中国では年末にVer.2.14にファームアップデートがあったせいで、毎日アップデートしろって通知が来る割に、100%アップデートに失敗するんですね。というか、bootloaderのunlock回数を調べてみると1回アンロックされてるので、業者が単にOpen gappsを突っ込んだだけっぽいです。

で、非常に腹立たしいので、TWRP導入した上で、タイ版の1.05を入れたんだけど、今度は1.06がリリースされてたらしく、これはこれでまたアップデート失敗するので、仕方なくArchos Diamond Omegaのファームと言われてる1.06を落としてきて、純正のリカバリーモードでアップデートをしたところ、現在はEN_Common V1.06になりました。ちなみにEM_Common V1.06を直接インストールしてみたんだけど、こっちはなぜか起動すらしなかったので、Z17sとDiamond Omegaは型式が別物だと考えていいと思います。ただ、アップデートでうまくいくのもすごく謎なんだよなあ。
タイ版ROMはNeosafeがなく、Googleのアプリもほぼ入っており、さらに中国版より日本語対応が進んでいる感じです。中国版よりAPNの種類も増えており、国内メジャーMVNOやmopera U、ワイモバイルのAPNを即利用可能となっています。

今のところ、LineageOSなど、Z17で使えた系のOSはまだ移植が進んでいないため、現状で一番楽に日本で使う場合は、タイ版を輸入するか、TWRP経由でタイ版ROMをインストールするというのが一番良さそうです。


ベンチスコア

中国版Ver 2.11
Screenshot_2017-12-28-01-46-15
Screenshot_2017-12-28-01-59-51
Screenshot_2017-12-28-01-52-56


タイ版+Diamond Omega EN_Common V1.06

Screenshot_2018-01-09-22-08-17
Screenshot_2018-01-09-22-24-32
Screenshot_2018-01-09-22-02-39

なぜかベンチマークスコアも上がる謎。

---2018/03/25 Antutu7.0.6の結果を追加---
Screenshot_2018-03-25-19-19-36



使用感など
というわけで、ホールド感がXPERIA XZに近いこともあって、持ちやすさはこれまでの5.2インチサイズに近い感覚です。で、上下にベゼルがあるというところで、横持ちで対称になるという感じです。

デレステ
正直、これ以上の環境がないだけに、3Dリッチ、60fpsでコマ落ちしないという強さがありますね。S835でも4GBモデルでは、若干のコマ落ちなどはあったのですが、そこはメインメモリが倍の8GB、あと解像度がそれほど高くないこともあり、非常に安定してプレイ出来ます。3Dリッチで見とれることがない猛者はプレイしてみてください。

ちなみに、現在のROMでは、きららファンタジア、マギレコ、バンドリ、スクフェス、ポケモンGO、魔法科高校の劣等生LZでの動作は確認しました。通信などを除けば、処理落ちは全くありませんので、ゲームデバイスとしても優秀です。

DTS Headphone:Xに対応している点も、今までのDolby Atmosとは違う点で面白いです。これはZ17のDolby Atmosと同様にヘッドホンモジュールを取り付けるとON/OFFができるようになっており、ハイレゾ音源をXBA-300で聞く限りOFFに比べて中低音域のバランスが良くなる感じです。
ただ、MDR-1Rなど比較的モニターに近いヘッドホンの場合、全体的な音の比重が中低音域に移動してしまうため、これは良し悪しあると思います。個人的には低音の強いイヤホンほど効果がありそうかなという感じはあります。
bluetoothなんかで接続しても問題なく使用可能ですが、bluetoothレシーバーはどうしてもアンプ内蔵型もあるため、エフェクトが邪魔になるようなことも起こり、これは判断がしにくいところです。

一方で、TAS2555も搭載。これ多分モノラルスピーカー用のアンプだと思うんですけど、どうしてもバランスが悪いモノラルスピーカーで、音を良くしようとした苦肉の策だと思います。残念ながら音量が半分程度で音割れを起こしてしまうので、この辺は仕方ないところではあります。


microSDは今回も非対応、nanoSIMスロット2つです。
中国ではストリーミング配信などが主流で、ダウンロード型のリッチコンテンツとかないから64GBでも十分でしょってことなんでしょうかね。個人的にはストレージの足らない分に関しては、microSDで補うというほうがメリットが大きいと思うのですが、SIMスロットとの共有部分で故障とかが多いのかなという気もします。あるいは、スロット自体が基盤の段階ではみ出すなどの制約があったりするのかなと思います。
Z17シリーズだと、Z17 miniだけがスロット付いてるんですよね。でもこれもストレージは64GBあるわけですし、nubia側でも装着の可不可がいかんせん不明瞭なので、なんとも言い難いです。


バッテリー持ちはそこまで、と言いたいところですが、やはり根本的にS835モデルは燃費があまり良くない感じがありますね。GALAXY S8+は何でそこまでバッテリー持ちがいいのかわかりませんが、少なくともXPERIA XZ Premiumとほぼ同等、あるいは若干こちらのほうが短いのではないかと思われます。めちゃくちゃ悪いわけではないけど、個人的にはS820搭載スマホのほうがバッテリー持ちは良かったと思います。


非常にまとまりはいいが、時期的に先発品が良かったとも言える
実は色々トラブルがあって、結局この時期になったんだけど、今回は620ドル程度で入手となりました。今となっては8GB/128GBモデルはZ17のほうが値段が高かったりするので、どっちがハイエンドかよくわからない感じになっています。

スペック的にはメインメモリ8GBという機種自体が確認する限りで7種類しかなく、Xiaomi mi MIX2やRazer Phone、OnePlus5シリーズなど超弩級のモデルしか出ておらず、Z17Sに関しては価格も実は若干高めとなっています。OnePlus5T、mi mix2などと50ドル近い差があります。
現状、日本で同等サイズのスペックのモデルとなると、XPERIA XZ1かGALAXY S8、AQUOS Rと、各社のハイエンドモデルとなり、確かにMNPなどで購入する場合はそちらのほうが安いと思います。それじゃなくてもGALAXY S8なんかはドコモ/auの両方で投げ売り状態、コスト的、入手性でも、はっきり言えばS8のほうが全然いいと思います。

実際、他のハイエンドモデルと比べると、液晶は低温ポリシリコンのFHD+とイマイチ。前モデルが良かったとは言え、背面カメラはZ17と同じスペック。前面カメラも2つになりましたが、この辺に魅力はあまり感じないです。イヤホンジャックやmicroSDスロットが復活してくれると良かったのですが、それも特になかったということで、結局Z17とはセンサーボタンの有無とサイズの違いぐらいしかないという、nubiaからすれば18:9に乗り遅れないように作ったようなモデルではあります。スペック的には過剰な解像度にならず、バランスを保ったままなのでいいとは思いますが、発表時期からして、ちょっと出遅れた感はあったかもしれないですね。

選択肢の少なかったZ17の時期に比べると、いわば完全に指名買いということ以外に入手する必要性を感じないというのはあるのですが、メモリ8GBという無駄スペックと、まさかのドコモVoLTE対応という意外なメリットがあったので、トータルでは良かったかなという印象です。
あえてすすめるとすれば、nubiaの端末を買うと思うのですが、XPERIA Zシリーズを使ってる人のアップグレードにちょうどいいサイズなんですよね。そういう奇特な方がいらっしゃれば、選択肢に加えると面白いのかなと思います。今回はXZ1が割と安いので、Z17Sを推す必要性がないですけどね。

あとは、これを通話用としてどこまで使えるのか?という問題も残っていますが、ひとまずはそれ相応に使えるようになってくれることを願いつつ。



ちなみに、まさかGALAXY S8+が入手出来るとは思っていなかったということ、それとAliExpressでの気苦労を思うと、珍しく買って後悔した機種です。マイナス査定から始まっているだけに、どこに活路を見出すか、というのが当面の課題でしょうかね。



おしまい

DSC_0192
本当はこうだったはずなんだよ。

今回はnubiaが現在のところ中国国内でのみ販売をしている、Z17(NX563J)のレビューをご紹介。

開封の儀



DSC_0162

今回は紙の箱に入っていました。


DSC_0165

すぐスマホなのはいつもの通りですね。

かんたんなスペック

Snapdragon 835 2.45GHz x4+1.9GHz x4
メインメモリー 6GB(LPDDR4X)
ストレージ 64GB(UFS2.1)
5.5インチ FHD液晶(IPS)/2.5Dガラス
無線LAN 11ac(867Mbps対応)/Bluetooth4.1
1200万画素+2300万画素(リア)/1600万画素(フロント)カメラ
指紋認証センサー、生活防水対応
USB type-C端子、イヤホンジャックなし(アダプター付き)
nanoSIMスロット x2(DSDS対応)
3200mAhバッテリー
152.6 x 72.3 x 7.6 mm 173g
Android 7.1.1(nubia UI 5.0)

一応LTEバンド対応は以下の通り
B1/B3/B8/B41
中国国内のVoLTE対応、CAにより最大600Mbpsまで対応とも。
日本国内ではおそらくB1+3やB41+41などで200Mbps超ぐらいまでは対応しそう。

ちなみにドコモでは4G+が頻繁に出るので、B1+3かB1+1なんかも使えてるのかもしれませんね。

DSC_0187

背面、マッドな質感が実にシンプルでいいですね。総アルミです。


IMG00008

サイズ比較、左がiPhone6 Plus、右がXPRIA XZ Premiumです。
液晶の底辺を合わせてますが、やっぱり一回り小さい感じですね。


IMG00010

厚さ
これはそれほど変わらない感じかもしれない。3台ともギリギリ8mmに収まっています。

ハンドリングはXPERIA XZに近いですね。先代のnubia Z11より重いけど、10グラムぐらいは誤差なんだろうかなあ。
個人的には30gぐらいずつ(120/150/180/210)ぐらいが体感での重さ軽さを左右している感じなので、nubia Z11やLePro 3、XPERIA XZと同じカテゴリと考えても悪くないと思います。

まあ、あと左右ベゼルレスデザイン。遡って数年前の302SHのEDGESTを模したようなデザインのスマホが中国では流行っているのですが、個人的にはこのデザインが好みです。スマホを握ったときままで左上なり右上なりに指が届くかどうかってなると、サイズがある程度小型(5インチぐらい)で、5.2インチぐらいの液晶サイズぐらいが限界だと思うんですよね。302SHはそこにすっぽり埋まった機種だったわけで。
デザイン的にもそうですが、上下に液晶以外の部分があるとなんか万が一落としても安心するってのはあると思う。


めんどくさいけど今回やったいろいろなこと。

なんか2日ぐらいかかったんだけど、結局方法は簡単だったのでちょっと追記しておきます。
このモデル、グローバル(インド/ロシアなど)向けは2017年8~9月に発売されると言われています。なんで、taobaoやAliExpressなどで売られている商品はGoogle Playが使えません。
で、ショップが気を利かせてショップROMを突っ込んでくれたらしいのですが、例にもれずsystem updateが封印されている上に、直近にアップデートがあったため、めんどくせえ純正ROM入れてしまえと言わんばかりにリカバリーモードに入ったんだけど、こんどはroot領域が見られないとかいうわけわからんパーミッション設定だったんで、USBメモリを使ってOTG接続でリカバリイメージを上書き、そのうえで、adbよりfastbootに再起動させ、TWRPをリカバリーモードにぶっこみ、最後にイメージとgappsを突っ込むという大掛かりな工事を行いました。

実質的にここ数ヶ月でグローバルROMが登場するので、この方法でやるのは今回1回だと思うんですけど、ショップ側には「純正ROMで大丈夫」と頼んでおいただけに、腹立たしいですね。

ちなみに、純正ROMでも日本語は入っていました。なぜだ。



ベンチとか使用感とか

Screenshot_2017-07-17-00-01-16
Screenshot_2017-07-17-00-07-48
Screenshot_2017-07-16-23-56-02

これが真のS835スマホの実力ともいわんばかりのスコア。
補足しておくと、この機種はなんかしらんけどPower Savingが常時働いてるっていう困った機種でして、100%回すにはPerformance modeにアプリを登録しておかなきゃいけないです。
Screenshot_2017-07-17-15-38-34


デレステ。
どうにもやっぱり反応がズレる時があるんだけど、何故かbluetoothでaptX接続することによりタイミング合わせをすると、自然と合うというかw
まあ、それでも素の状態でXPERIA XZ Premiumよりはタップミスが少ないということもあって、かなりマシになったという印象。
MVは3Dリッチで見てても全然コマ落ちとかはしないですね。エフェクトも全部使えるし、高画質モードでドットバイドットでも全く問題ないです。
ただ、電池の消費量は半端ないのをどう見るか。まだS821/6GBメモリ/Android6世代が一番快適でバランスの取れた環境ではないかと思いますね。

困ったことにスクフェスやバンドリでは音ズレはほぼ起きていないのですよね。

動作はサクサクしているものの、やはりメモリ使用率が高いのはちょっと気になるところ。システムに常時40%ぐらいは使われていて、これがAndroid7.1のせいなのか?よくわからないですね。調べてみたらXZ Premiumでも常時50%ぐらいは使ってるのね。


筐体ですが、イヤホンジャックが消えました。そこまでiPhoneを真似されてもとは思いますが。そして相変わらずのモノラルスピーカー。まあ、その辺はしょうがないのかな。
あとはmicroSD非対応なのがかなりマイナスな気がしますね。そのおかげでUSB OTGに対応してるんでしょうけど、その辺は甲乙付け難い部分ではあります。
DACも搭載はしていないですが、aptXでbluetooth接続が可能ですし、type-Cの変換アダプター経由でDolby ATMOSも対応しているので、そこそこ音はいいです。結構プチプチとノイズが乗るので、これはどうなんだろうなあ。
ただ好みがあるとはいえ、視聴する限りではZ11のほうがいい音出てる感じですね。

バッテリーは気持ちXZ Premiumより悪い感じがします。バッテリー容量とかも大して変わらないし、確かにOS上では4日ぐらい持つという感じになってるのですが、常時Power Savingだとあんまり意味がない気がしますね。使ってるとギリギリ48時間ぐらいだと思います。


まとめ

性能も申し分なし、Z11と比較すると若干重くなって、DACの搭載なしやmicroSD非対応というマイナスはありますが、サイズを大きく変えずに基本性能をアップ出来たことは大きいですね。
上記理由で甲乙付け難い部分はありますが、個人的には許容範囲かな。

価格は大体460ドルぐらいから購入出来ますが、まだグローバル版が出てない現状では一部カラーや8GBモデルなども入手困難となっています。まさに赤が買えなかったので、ある意味8GBモデルの買い直しも考えていいかなと思うぐらい、使い勝手はいいと思います。

S835搭載スマホがまだかなり少ない中で、この価格、完成度とスペックは称賛されてもいいとは思います。今後供給量が増えて、ZenfoneやLeMAXなどに搭載機種が増えたりとか、大画面サイズのモデル(あわよくばXZ Ultra)が出たりすると、昨今の没個性化から抜け出せるかなと。

個人的には今XPERIA Z3やZ5など、5.2インチモデルを使ってるユーザーのアップグレードパスとしてオススメしたいです。サイズによるグリップ感がほぼ変わらず、その割に画面が大きくなる感覚は代えがたいと思います。
とはいえ、前述の理由もあるので、まあグローバルモデルが出てからでも遅くはないと思います。





おしまい

どうしてこうなった...

DSC_0003
 
今回は、LeECOのLePro 3 X720をご紹介。


Snapdragon 821のスマホは多分最初で最後

いやあ、中国ではMi6が発売されましたね。なんやかんやでGALAXY S8も出たし、いよいよSnapdragon 835が主役。とりあえず、XPERIA XZ Premiumを買う前提なので、スルーです。

そんな中、Le2の実機を見て、意外とサイズ的に行けるんじゃないかと思って注文。
価格は安くて、AliExpressのSHOPPING NOW-24 Hours Sincerely For Your Serviceで317.99ドル。ガラスフィルムセットで4月22日に注文、5月3日に到着。意外と速かった。

思えば、S821搭載スマホには縁がなかった気がする。
どうせ今後も縁がなさそうなので、6GB+64GBを買っちゃったよ。


かんたんなスペック


Snapdragon 821 2.35GHz x2+1.6GHz x2
メインメモリー 6GB
ストレージ 64GB(利用可能領域53GB)
5.5インチ FHD液晶(多分IPS)/2.5Dガラス
無線LAN 11ac対応/Bluetooth4.1
1600万画素(リア)/800万画素(フロント)カメラ
指紋認証センサー
USB type-C端子
nanoSIMスロット x2(DSDS対応)
4070mAhバッテリー
151 x 74 x 7.5 mm 175g
Android 6.0(EUI 5.9カスタム)
 
日本で使えるLTEのバンドは確認される限りではB1/B3/B8/B41だと思われます。
確認する限りではdocomoとワイモバイルでは利用可能です。

サイズ比較

IMG_20170503_141331
 
左はXPERIA XZ、右はiPhone6 Plusです。
 
DSC_0014

 
追加でnubia Z11を 並べてみました。
ちなみに液晶を中心に並べてみました。

フェイクのように見えるんですが、LePro 3のガラスが貼ってある範囲が液晶の幅です。
デザインでごまかす姿勢がなんともねえw

重いは重いんだけど、普段使ってるスマホが160g台なので、もうあんまり感覚的に変わらないです。多分数時間ゲームやったりすると結構変わってくる可能性はありますけどね。

現状のROMは以下のような感じ。

Screenshot_20170504-211748

ちなみに到着後、予め落としておいた初期ROMを導入。アップデートして上記状態になっています。
LeECOのアプリがうざいのでショップROMでもいい気はするんだけど、SYSTEM UPDATE出来ないのはやっぱり問題なので、今回は最初にやってしまいました。
Google Playなどはロケーションを中国にせず、LeStoreからダウンロード出来るので、かなり楽になりましたね。


筐体はほぼ一緒、微妙にスペックを変えてくるLe Pro 3

LePro 3に限らず、Le2以降はLeMAX2を除いて筐体サイズが一緒になっています。なので、一見するとすべて同じように見えてしまう感じがあります。
LePro 3だけでも3種類出ていて、今回紹介するLePro 3のほかに、S820搭載でNFCなどを省いたLePro 3 Eliteと、ダブルカメラでHelio X27を搭載したLePro 3 AI Editionというモデルが出ています。

それならそれで、最初からLePro 3以外の名前も検討すればいいのにという話ですが、前回のLe2(Le S3)と同じく、北米のハイエンドモデルとしてデビューする必要があり、しかしながらLeMAX2のように5.7インチWQHDのモデルでもないことから、ネーミングとしてはある意味折半した事情があるのでしょう。

多分、LeMAX3が仮に出た場合は、違う筐体になるでしょうが、それ以外のラインナップでは極力この筐体で使いまわす。 LeECOはもうこのサイズでバリエーション展開したいんじゃないかなとも思えるレベルですね。

面白いというか、Le2 Proとか、LePro 3とか、微妙にネーミングを変えてくる割には、上位と下位のモデルのかみ合わせが合わないというのは、中華スマホではXiaomiやMeizuなんかでもよくある話な気がします。もうちょっと整理出来ないものか。


 ベンチマーク、使い勝手など


 とりあえずベンチ
Screenshot_20170503-214723
Screenshot_20170503-215427
Screenshot_20170503-220011

Sling shot Extremeの値が興味深く、5%程度の性能向上と言われている通りなのはすごいかなと。


もう、言うことはありませんね。
デレステのテストは、もうテストする必要がないレベルで普通に動きます。
ちなみにこの時期、LIVE PARTYをやってるんですけど、やっぱり長期戦(25石欲しいがために大体12曲連続プレイする)になると背面の指紋センサーあたりが熱くなってきます。
あとどうも戻るボタンが敏感に働くせいで、曲中に中断が結構起こったりします。まあ慣れてないうちなのでしょうがないのかな?
10g程度の重量増ではありますが、長期戦で延々と戦うトップランナーの人たちがこれをどう受け取るか微妙なところですね。バッテリー持つんだから重いのは当然と考えるか、175gが重くて適時休憩を取るような感じと考えるか。

同じく、普通にAndroidを使う分には全く問題ないレベルです。メモリが6GBあると、常時3GBぐらいは余ってますから、結構アプリを開いても全然散漫にならないです。
メモリの分だけゆとりがあって、サクサクしてるのかなと思いますね。

液晶はなんとなく薄味系のIPSですね。
nubia Z11の液晶が濃い味なのかもしれないですが、コントラストや液晶の色温度設定が低いのかもしれないですね。一応液晶モードは切り替えが効きますが、LeMAXの頃のように異様なメリハリ感はなく、おとなしい味付けに終始しています。


バッテリーの持ち、大体以下の通り

 Screenshot_20170507-014115

ガクンと減ってるのがデレステやってる時間。液晶もつきっぱなのでしょうがないね。
バッテリー容量が最近のトレンドである3000mAhより3割多い4070mAhありますから、おおむね3日ぐらい普通に使っても問題ないんじゃないかなと思いますね。


筐体全体に言えるのですが、サイズの割に華奢な感じがしますね。思い切りタップしても普通のスマホなら問題ないレベルなのが、微妙に跳ね返りがあるような気がします。LeECOの端末ってなんか脆さみたいなのを感じてしまうですが、気のせい程度であればありがたいです。

あと、そうねえ。
前面ガラスが2.5Dになったのは別にいいんだけど、平らになっているのが液晶サイズとほぼ一緒で、全体的に丸い感じですね。一緒に買った保護ガラスで、四方ともに端っこは浮きがあるため、保護ガラスの選び方には気をつけろといった感じですね。


もう、現状はこれ以上を望めないスマホの1台

S835搭載機発売後にS821搭載機を買うメリットが正直見当たらないですが、非常に高いバランスの良さという点では、S821最終期のベストチョイスの一角に入る出来です。
パワープレイではありますが、LeMAX2の最大の弱点であったバッテリー容量を4070mAhまで増やし、中位モデルという制約でFHD液晶となったものの、その2点がスマホそのものの評価を上げていると思いますね。例えばバッテリー容量がこれまでと同じ3000mAhだったり、液晶がWQHDだったりすると、多分バランスが一気に崩れてしまうんじゃないかと思うんですよね。
これで317.99ドルという内容。本当にコストパフォーマンスに優れています。もっと早く買えばよかったかなとも思いますけど、S820御三家と、nubia Z11、XPERIA2種、V20 Proと来て、ようやく完成形に近い状態のS820系スマホが手に入ったという気がします。多分、それを買ってなければ俺の中のLePro 3の価値はもっと低かったと思います。

まあ、やっぱり端末自体が重いのはちょっと気になる点ですかね。バッテリーとのトレードオフとはいえ、175gはやっぱり重い。さすがに150gとは言わないけど、手元にあるスマホでは重い部類に入るので、せめて170gぐらいになれば、長時間負担は耐えられそうな気がする。(iPhone 6 Plusって195gもあるのね。そりゃ重いわけだ。)LeMAX2は185gですので、その辺と比較すると、納得も行くのかな。


持論としては、Helio X20系やSnapdragon 650系は2万まで、それ以上は3万超えのクラスでのS820系を買うのがベストと考えてます。予算との相談となるでしょうが、LeMAX2でもZUK Z2でも遊びとして枯れた存在は悪くはないんですよね。ただ、安いなりで納得しない人も多いと思うんですよね。
毎度の話ですけど、質感とか、バッテリー持ちとか、自分の手の操作性とか、そういうものを重視すると、自ずと値段が上がってしまうのだろうなという解釈はあります。スペックシートじゃ分からないプラスアルファにお金を出せるかどうかって割と重要だと思っています。


どうだろ、LeMAX2の6GB+64GBモデルとそんなに変わらない値段なので、多少なりともメモリ容量が大きくて、電池持ちがいいモデルということになれば、LePro 3に軍配があがると思います。




とは言え、もう来月あたりには国内でもS835搭載機出そうだもんなあ。
現状、どうしても必要ということがなければ、このスペックの端末は買ったら駄目だよなあと。





おしまい。

↑このページのトップヘ