あるさんのレビューblog

買ったものをレビューするページです。 読み物blogは「日常のblog」よりどうぞ。

カテゴリ: PCのレビュー

書こうかどうか迷いに迷って、まあ書いてもそれほど問題ないだろうと思い、とりあえず書いてみることにします。

今回は、1ヶ月前に買って、もう手放したくなったTeclast X80 Plus Dual OSの実機レビューです。
7a587ac5.jpg
(右はOnda V820W)

394e0fec.jpg
Windowsタブに興味はあったけど...

昔からそうですけど、2in1は好きなんです。VAIO Duo制覇とか、VAIO Fit15Aとか普通に今でも使ってますしね。
買うのはいいんだけど、ほぼ寝かしというのが問題なだけで、実用性がとにかく低いというのが問題なんですよね。これはほかのデジタル機器でもそうなんだけど、とりあえず後先考えずものを買うから、どうでもいいものがたまっていくわけです。

ほしかった理由としては、単純に1世代進んだAtomのWindowsタブレットでどれぐらい遊べるのかというのが知りたかったという話です。ただ、絶対条件としてAndroidの起動ができるDual OSモデルであること。これはそのうち書きますけどデレステの動作環境テスト(俺はある意味公式より動作環境がわかる気がするけど)で利用しようと思ったわけです。
ただ、失敗というか、どっちにしろそれほど長く使うことは想定してなくて、ある程度テストが終わってしまったらそれっきり処分しようとも思っていたわけですね。

さて、そうなると自然と手っ取り早く入手できるものを買ってしまおうというわけで、ちょうど欲しかった時期にTeclast X80 Plusだったというお話です。
朝一で東映ラジデパに乗り込み、即決で金を払って、そのあと容量不足を補うべくmicroSDXC64GBを選ぶのに1時間かけるというバカバカしい行為に個人的に魅力を感じますねw

キツイぜ、ストレージ16GBのWindows10

めんどくさいのでスペックは簡単に。
Atom X5-Z8300
2GBメモリ
32GBストレージ(ただし、OSごとに16GBずつ割り当て)
8インチWXGA液晶
ま、そんなに目立ったもんでもないですね。
しいて言えば、microHDMIがついてることとぐらいかな。
日本語対応しています。両OSとも初期状態で日本語表示可能です。
IME?知らねえよそんなもん。

なんといっても、Windows10/Android5.1を実装しながら、基本的に16GBしかストレージがないというこの謎仕様がそそります。真面目にどうしたらいいのかわからないんですね。
V820Wを借りててこのあたりの問題は猛烈に実感してるのに、そこから何も学んでいないw
まあ、いつものようにリアルA列車シミュレーターとしての実用性さえあればいいというばかばかしい理由で、とりあえずA列車7をインストールするんだけど、これがWindows10では非常に難易度が上がってて、
  • セキュアブートを解除してテストモードに入る
  • セーフディスクのドライバーに追加する
の2つをやらないとインストールまでたどり着かないわけですね。(やり方は調べてください)もうめんどくさいだけだったらいいんですが、セキュアブートを解除する方法まで調べないといかんわけです。

結局のところ、X80Plusではセキュアブートを解除することなくテストモードに入ることはできるということはわかりました。そこから先はもともと作っておいたドライバーをぶち込んでおしまいです。

あとはそうだな、Chrome、GoogleIME、VLCぐらいかな。これで残り6GBぐらいです。

まだまだ容量には余裕はありますけど、処理速度はかなり厳しめ。
DirectX7世代のゲームだったり、ブラウザゲーでも派手でなければそれほどでもないですが、サブアカウントが関の山かなという話。ぶっちゃけスマホ業界の弊害がこういうところでも出てきてるんですよね。残念ながら通信業界がいかに非常識だったか...
比べちゃいけないんだけど、iPadなりAQUOS Padなりのほうが圧倒的にあらゆる分野で快適なんです。ただ、Windowsのアプリが処理できないという重大な問題があるから、Windowsタブレットにも興味を持つしかないという話です。A列車7というAndroid/iOSアプリが出ないから単純にWindowsじゃないとダメというどうでもいいけど重要な理由がこのタブレットの抱えるジレンマですね。


クラムシェル型Windowsに追いつくことができないタブレットWindows

個人的にはもうあきらめてしまったというのが本音です。
大きな理由は3つあって、
  • ダブルクリック処理がワンタップ処理へOSレベルで変換されないこと
  • ソフトウェアキーボードを使うためには大画面が必要だとわかりきっていたこと
  • Windowsの画面解像度では200%でも8インチレベルは厳しいこと
です。別にタブレットが悪いということではなく、主にOSレベルでの不満ですね。
結局のところ、このあと結構悪乗りで落札したThinkPad X240sを実用レベルまでスペックアップさせてしまって、Windows10で運用してますけど、12.5インチのHD解像度は異様な快適さがあります。
クラムシェルでも2in1でもそうなんですけど、従来のWindowsを一新しない限り、Windowsをタブレットに搭載するのはかなり難しい気がするんです。
操作もそうだし、解像度概念もそうなんですけど、8インチWUXGAでドットバイドットをするととんでもない細かい画面になって、んじゃとばかりにDPIを上げると300%ぐらいになるわけです。別にいいですけど、今度はブラウザの表示率を上げてとか、そういうめんどくさいことがガンガン出てきて、最後にはやめちゃおうってあきらめになっちゃうんですよね。
そもさん、DPIを上げても今度は表示機器がついていかないとか、もうなんだろうのレベルなんですよね。2周ぐらい本末転倒して何のための高解像度なのか?という話になります。
そこんところ、WindowsRTとかContinuumとかはうまいぐらいにごまかし効くとは思うんですけど、どうせスペック戦争になったときに高解像度ディスプレイが登場しちゃうんですから、そこに最適化できていないWindowsはどうしても後れを取ってしまうんですね。

考え方の問題ではあるんですけど、視覚インターフェースと入力インターフェースに根本的な見直しをするか、あくまでWindowsはこうあるべきと押し付けるかでいえば、俺自身は後者の立場なんですね。OSのイメージを覆すのであれば、それはWindows Mobileあたりの仕事だったのに、また中途半端なWindows 10 MobileやらContinuumやらを作ってしまうあたり、そしてマイクロソフトの日本法人があんまり乗り気じゃないあたりが、温度差を感じてしまいますね。


Dual OSは片翼が折れても問題ないwww

何のためのDual OSなのかという話です。
そもそも論、もう一つのテスト用途をメインで使えばいいじゃないという話です。

ご覧いただきましょう、Android5.1でのAntutuの結果がこちら。
d972d0e6.png
あれ、思ったより低いな。もうちょい行くと思ってた。
おおむねリッチコンテンツはまともに動きます。しいて言えばデレステは3Dモデリングが粗い感じ。なぜか初期設定だと3D軽量が選択されてるので、単純にSoC情報でIntel製だった場合には3D軽量にするとかいう設定がされているんじゃないかと思いますね。
Androidタブレットとしては不足なく、さらに動画支援機能であるIntel ClearVideoテクノロジーが利用可能となっているので、なまじWindowsより動画がヌルヌル綺麗に再生できるという。ハードを限りなく活かしてるのがなぜかAndroid側という謎がありますね。
全体的にS800ぐらいの体感は期待できますから、その点ではそこまで不満を持つことなくタブレットとして使うことはできます。Androidだけどね...

Windowsの初期化に苦労しろ!!

使い終わった後の処理。
初期化するために追加でmicroUSBのハブ、8GBのUSBメモリ、USBキーボードが必要とかいうそんなネタまで最後は提供してくれるなんて、まあどうにかしてるんですよ。考えてみたら16GBのストレージにOSを入れてたら、リカバリイメージなんかないですよね。
優しく概略だけ書いておきます。
  1. USBメモリを「WINPE」という名前でFAT32フォーマットをする。
  2. Waiboでアカウントを作ってリカバリイメージをダウンロードする。
  3. 解凍時にファイルをリネームしたうえで、解凍する。
  4. できたフォルダをUSBメモリにコピーする。
  5. PCを再起動してロゴが出たらキーボードのDELを3回ぐらい連打する。
  6. BIOS表示でUEFI USB Flashどうたらを探して、ブートする。
  7. リカバリーが始まるので、しばらく待つ。
こんだけ。わかるまで3日かかった。
というか、ここで結構勘違いしてたんですけど、リカバリイメージが7GB強あって、NTFSではなくUEFIでブートするにはFAT32でフォーマットして起動するというところがポイントなんですね。(1番の部分)
これは前にもWindows10のインストールでものすごく調べたことなんですが、UEFIってのはなぜかFAT32じゃないとブートできない謎仕様なんですよ。exFATでもブートできないあたり、なんかそういうイジメとか罠とかにしか思えないですね。
もう一点はWaiboのアカウントを作ることかな。これにSMS受信が必要で、Skypeでもなんでもいいらしいんですが、俺はもうめんどいので、来月あたりで番号を切るスマホの番号を突っ込んでおきました。
4つのファイルが圧縮されていて、また全部リネームしなきゃ合成できないので、「X80Plus~001.zip」から「~004.zip」にしておくことが重要です。日本語OSは簡体字が扱えない故の問題ですが、知ってればこの辺は楽勝ですね。


OSの限界とタブレットの可能性を同時に味わうにはいい商品

フル機能使えるWindows10が入って、Android5.1が入って、それでもって14,800円ですからね。製品に文句は言えないです。
Windowsを使うためには追加投資がガンガン必要ですし、常識的にキーボードとマウスを足して使います的な発想を持つのはいい加減タブレットである必要ないでしょ?なんですよね。
ま、だからこそのAndroidなんですね。両方起動できるというのはなにかしらで便利な時があったりするし、タブレットとしても最低限使えるというところに魅力があります。
Miix2の時にも書きましたけど、ブラウザゲーを凄まじく外でやりたいですとか、なんかそういう用途に特化しない限り、Windowsを使うなら中古のLet's Note N9やVersaPro Ultra light VBとかのが便利じゃね?と思いますね。やっぱり1.2キロそこそこで12インチのノートPCがある場合だと作業効率が全然違いますし、何しろいろいろ持たずにそれだけで持ち物が済むのはデカいですよね。ただ重さが1/3か。う~ん。

結論としては、過度な期待もせず、使い倒すならいいんじゃないかなあというところで終わりにしておこうかなと思います。褒められるところが値段とDual OSであることぐらいしかないというのも残念な話ですし、だけど褒めるところが真面目にほぼないんですよね。後に悪乗りで買ったのがThinkPad X240sだったというのもさらに輪をかけて問題だったし、値段差が1万なかったことにより屈辱感を感じてしまうのですなあ。




おしまい

1211c308.jpg
かっこいいぜ。(ペンギンが)


なんとこのblogではほぼ取り上げないPCの話題です。
取り上げないだけで、VAIO Duo13とか知らないうちに買ってたりしてますし、別に誰かがここを見て買おうと思う頃には新品なんぞないわけで、そういう意識低い系の意識は高いわけです。

でだ。今回これを書こうと思ったのは、PCはパーツ交換で修理できるからといってむやみに買い足して行くと総額がとんでもないことになるという見本を見せ、「ああ、やっぱりあの時奮発していいのを買えばよかったんだよな」と思わる準備をするだけのためです。
金の失い方ハンパない。だけどそれに見合うPCがちゃんと出来上がったからなんとなく書いておこうかなと思ったわけです。


これまでのまとめ

事の発端は、2015/11/24までさかのぼり。
ヤフオクでThinkPad X1 Carbonを落札したことに始まります。

主なスペック
Core i5-4300U
4GBメモリ
128GB SSD
WQHDタッチパネル液晶
指紋センサー、英語バックライト付きキーボード
動作不安定

この時、37,000円。お、安い買い物じゃんと思ったアナタは罠にはまりかけてますね。

送られてきた商品の型番がこちら
a1edee60.jpg
右側の刻印にThinkPad xxxxxと書かれているのがおわかりであろうか。
更に製造年月を見て、違和感を感じる人はなかなかするどいですね。

これ、実は本格量産前にサンプルとして生産された中の1台で、いわゆるプロトタイプの筐体です。
この「814L-15G」という型番もそうなんですけど、本来の型番は20A7、20A8のどちらかであり、歴代の7ケタの型番の1桁目に8が付くモデルは存在してないはずなんですね。
そういうわけで、業者が何らかの形でLenovoから廃棄処分を命じられたものの、なぜかまわりまわってヤフオクへ出品されてしまったという、なんだかわけあり物件だったというわけです。

で、これがまたなんとも言えず、メモリテストで確実にフリーズするんです。
本来、機密保持もそうなんですけど、プロトタイプというのはラインナップに存在しないスペックで作るため、それも含めて確実に廃棄処分しないといけないはずなんです。

まあいいや、別に問題なく使えるべ、と思って落札したところで、もう最初からオブジェ扱いです。


で、よくよくテストを繰り返して考えたんですが、メインボードだけ交換すれば、他のパーツは問題なく使えるという判断に達しました。どうせメインボードを取り替えるなら、i7モデルも考えたのですが、Intel HD5000グラフィックが搭載されているi7-4650Uのモデルは最初からないので、だったらi5でもそんなに変わりないなと思い、SKUナンバー00HN767というマザーボードを選択。
かくして、2015/12/4に送料含め375ドル、日本円にして約47,000円。交換するためのマザーボードのが高いというとんでもない現象となりました。

そしてもう一点、ThinkPad X1 Carbonの2世代目は、非常に意欲的なモデルながら、Win8を見据えタッチパッドから物理ボタンをなくしてしまいます。
現行以降のX1 Carbonでは復活しているものの、2014年のThinkPadではオプションパーツに用意されることもありませんでした。

が、T450シリーズのタッチパッドとT440のタッチパッドは互換があり、T440とX1 Carbonは同じタッチパッドを採用しているということで、これも散々迷った挙句に購入。6,700円。


かくして、いままさにblogを書いているこのThinkPad X1 Carbonにはなんと90,700円もの大金を突っ込んでしまったというわけです。

いや、安いのは安いんだけどさ。ヘタすれば状態のいいX1 Carbon買えるかもしれないじゃん。


修理してまで使おうと思った理由

まず結果論だけ言いますと、この買物は悪くなかったといえます。というのは、当初の目的を上回る成果を上げたことにあるからです。
当初の目的...なぜ今回PCを買おうと思ったのか?と言うのは、軽くて持ち運べるサブノートが欲しいというところから始まってるんですね。サブノートといえば聞こえはいいですが、そこは基準がおかしいので、当時はXPS13 Graphic ProもしくはVAIO Pro13 MK2を本気で考えていましたよw
が、そこはぐっと抑えて、なんかアマゾンやNTT-Xで売ってたCoreMのVersaProでも買ってしまおうと思っていました。
まあ、早い話そこまで本気じゃなかったという話なんです。

ところが、実際に筐体を触ってみて、「これはスペシャルなPCだ」と思わせるだけのスペックと完成度が完全に本気にさせられてしまったという感じです。
最初の時点で結構甘めに考えていましたから、意地とかプライドとかなんかそういうつまらないガジェオタの出番だなとw

なんといってもこのキーボード配列が
9e7b1a84.jpg
誰だよこんな配列考えたバカはwww
おっと大文字になってしまった、けど普通英語キーボードでもこんなにひどい感じなのはないと思うんよね。(現行モデル及び20A8日本語モデルは普通のキーボードです。)

まあ、もともとMacBookAirの13インチを対抗馬として考えていたわけですから、当然目指すべきMBAはThinkPadの形をしてなければいけないし、無理なくキーボードを全部収めるにはどうしたらいいだろうと考えた結果、BS+Delとか、Home+Endとか、そういうわけのわからない状態になるんですよね。素直に6列で作ればよかったんだよ。

で、いざ使いはじめると、あれこれ使いやすくね?ってなるわけです。明らかにMac使ってる時のキーボード操作に近い感じなんですよね。
入力切替にAlt+`を入力するのが基本的な英語キーボードの使い方なんですが、確かにMacの配列をかなり意識した感じなんだと思うんです。

筐体もカーボンでアルミボディより軽量かつ強靭な感じがしていいですね。
アルミボディのThinkPadはもうThinkPadじゃなくてIdeaPadですからね。すみ分ける上でのハイエンドの素材が違うというのは、考えたなあと思います。

なんだろ、あとは見た目以上に軽い。この軽さがモバイラーにさせる、と思ったんだけど、実は1.4キロもあるらしい。あれ1.4キロってVAIO Duo13がそんなもんだったけど死蔵してるなw
薄くてクラムシェル型というのがいかに重要かと思い知らされますね。


まとめ、高いモバイル機器にはそれ相応に(ry

何回も書いているとおり、ノートPC約30年の歴史で実用に耐えるノートPCは普通に3万もあれば買えます。今や1万でも事務的な用途なら中古PCでいいわけです。
毎度いいますけど、いいものは高いだけの価値も利便性もある。だけどそれははっきりとスペック表に出ないものなのです。この辺はブランド品と近いと思うのですが、ThinkPadは年々試行錯誤を繰り返して、前に後ろに進んでいる感じはあります。

で、この2014モデルのThinkPad X1 Carbonは、確実に先鋭的モデルとして失敗作だと思います。少なくとも6列キーボードに戻った時点で、このモデルは失敗作だったという話です。まあ、だけどそういうのってアウトロー的にはベストだったりするんですよね。

まあ、不満はないですけど、まだLTEモデム内蔵やPCIe M.2接続のSSDなんかがまだまだ余地がありますんで、もうちょっとなんか遊べるかなあと。


...最後に凄まじい金額になりそうだな。







おしまい

さて、買ったはいいんだけど、積極的な理由じゃなくて、「4980円だから」というなかなかアグレッシブな理由で買ったFireタブレット

こんな感じで使うのが基本なんだろうなあ。

4d752bc1.jpg

デレステのテスト以来、真面目に使うときはプライムビデオを垂れ流すぐらいしかやることがないなと思いつつ、ふと304HWを持っていることを思い出した。

こうなった。
TVとしても使えるね。



おしまい

あまりにネタがないので、一つ(サイズ的に)大物を買いましたよ。
b193b9ec.jpg
同居獣に見られてるなw

みんな好きだろタブレットwww
ASUS Portable AiO PT2001 PT2001-B029Qという、日本では極秘に量販店に卸されたモデルです。この前のNTT-XのX-DAYで買いました。
ちなみに、この前後(7/29~8/2あたりまで)に手足口病による高熱にうなされまして、届いたあと結構放置プレイして、ようやくこの前開封しました。

タブレットと言っても20インチなんだから、さすがにキーボードとマウスぐらい入ってるべと思ってたんだけど、付属品がACアダプターだけという開き直りに感動。箱やマニュアルのキーボード/マウスとはなんだったのか?仕方がないので押入れからThinkPad Blutoothワイヤレス・トラックポイント・キーボードを探しだして接続。(Miix2買った時あたりに買ってる気がするけど、全然使ってなかった)

軽くスペック
Core i5-4200U(1.6GHz)
DDR3-1600 8GB
Sandisk U110 128GB SSD(M.2接続)
19.5インチIPS液晶 HD+(1600x900)
GeForce 820M(1GBメモリ)/Intel HD 4400(メインメモリ共有)
光学ストレージなし
無線LAN(11b/g/n)、Bluetooth
重量 3.3キロ、最大5時間ぐらい稼働するバッテリ内蔵
と、液晶サイズが13インチぐらいだと割とよくあるノートPCになるスペックです。
タブレットと勝手に言ってますけど、別にスタンドもありますし、ちょい前に話題になったVAIO Tap 21とスペック的にはあんまり変わらない感じです。

欲しいと思った理由は、単純にGeForce 820Mが搭載されていたからと、WindowsのコンバーチブルPCの制覇のためですね。(スライダー型のVAIO Duo 13、コンバーチブル型のVAIO Fit15A、なぜか家にあるFlex型のInspiron 11 3000)

余談、Sandy Bridge世代のノートPCがリース上がりの時代に入ってきて、あんまりパワー不足を感じないせいか次から次へと買っていて、なんやかんやでまた使わないPCが増えている状態です。(とは言えもう4年前なのか)上記のPCに至っては全てHaswell世代なのだから、いかにPCのスペックが頭打ちで、低価格化が進んでいるかという話です。

さて、買った後に気づいたんだけど、これHDMI入力があるんです。出力はノートPCでは珍しくないですが、なぜか入力があります。
「えっ?」と思った方もいるとは思いますが、これはタブレットじゃなくて、小型PC(基板だけど)とタッチパネル対応の液晶ディスプレイを内部で接続していると解釈するPCなんですね。
HDMI入力が出来るということは、HDDレコーダーだったり、PS4だったり、スティックPCだったりを接続することも出来る魔法のディスプレイ(解像度低いけど)に早変わり。なまじPCのスペックがいいのにそんなオマケが付くと、思わずDEKAVITA7の存在を忘れてこっちにVitaTVをつないじゃおうかと思ってしまいます。(余談だけどDEKAVITA7はいまだに発売されてません。)
当然、HDMI出力もありますので、むやみやたらにOn-Lap 2501Mとか買ってきて、ファミレスの4人席でデュアルモニタして、店員さんに「お客様、二度と来るなでございます」と言われたい。(HDMIケーブル一本でOKだからな)
こちとら過去にはモバイルトリプルディスプレイを構築したことがあるぐらいなので、USB端子を全部使って、さらにもう3台USB接続のモニタを買って、接続するぐらいの荒業を披露したい。もちろんファミレスでw

...いかん、費用対効果が全くないことを思い出したぜ。


個人的には家の中でしか使わないPCなら、取っ手も付いて非常に使い勝手はいいです。どっかで売れ残ってるなら、そこら辺のノートPCよりはずっと面白いかなと思っています。ストレージがSSDなので、大容量データは外付けHDDとかに依存することになるのは結構厳しいかもしれませんが、これはタブレットだと自分に言い聞かせれば、それほど気にすることでもないと思います。(いやそのりくつw)


あと、Windows10の使い勝手を(もうPreview版からさんざん使っていて言うのもなんだけど)調べる用途にも使っているのですが、ほとんどなんでもドライバーが当たるというのは普通にすごい。Windows8.1のパッケージ版を買った時にも思ったけど、Microsoftがガンガン標準ドライバーとして追加してくれるので、特殊な某りんごガジェットを除けば、ほぼいけちゃうと思います。(XPERIA Z3を接続したらちゃんとZ3のアイコンが出てくる芸の細かさw)
指紋認証とか、Smartcardとか、そういったセキュリティ物はさすがに専用ソフトも同時に入るので、ドライバーは入ってないと思われ。
ちなみに、ELECOMのWDC-867U3Sのように、メーカーでなんか手を加えてるドライバーなどは、標準だと動かなかったりする。MT7612U用の8.1ドライバーで通信可能になったけど、これもWindowsの標準ドライバーではなく、MediaTekがリリースしているドライバーでしかちゃんと動いてくれないというのがミソ。
Windowsのメジャーリリースの際には必ずと言っていいほど対応ドライバーをリリースしてたはずなんだけど、Win10はドライバーのライブラリー量がハンパない分、メーカー側が相当甘えて検証をあまりしてないところも多いので、Vista~8.1まで使えていた周辺機器等の確認は多分したほうがいいと思います。

一応、Technical Preview版とinsider Preview版のビルドごとに使い勝手が若干変化したりするものの、(例えば、一瞬ではあったけど10162版ではタブレットモードとPCモードを自動認識して勝手にタブレットモードになってたりした)ありがた迷惑なぐらい基本OSとしてよく出来てると思います。使い勝手の変化があるあたりにMicrosoftが試行錯誤中なところが見て取れます。
割とデスクトップアプリは突然動作しなくなったり、ブラックバック→再起動を延々と繰り返した末になぜか使えるようになったりと、何がどうしてどうなった感が結構あって、7や8の時より全然おもしろいです。

個人的には過去のOS変化で一番近いとすればXP→Vistaの時の感覚かな。自作PCを完全にやめてスマホ/タブレットに趣向が向いていて、そのせいでVAIO Duoなんて買ってるから、Win8をすんなり受け入れることが出来た分、今回はModen UIじゃないことに逆に違和感を感じたりするのは、それなりに8を使っていたからかなあと思ったりします。

ちなみに、恒例のA列車7の動作チェックですが、CDからのインストールにつまづいて、やむなくWin8.1に戻し、そこで管理者権限でインストール、DX9のRuntimeをインストール、そしてWin10にアップグレードすれば動作します。
時間があればWin98時代のゲームとかもテストしたいんだけど、そもさんゲームを押し入れから引っ張り出してくるのに丸一日とかかかるのと、7対応に再リリースされたダウンロードソフトとかでインストール可能なので、そんなに問題ないです。

アートディンクはA7完全版のダウンロード販売をしてください。いい加減ディスクを4枚とっかえひっかえするのは面倒くさいです。(A7単体はなぜか出てる)


というわけで、最後は不満をぶちまけてやりました。
Win10に関してはまだまだ長い道のりのスタートラインですので、もう少し長い目で見てあげてください。



おしまい。

↑このページのトップヘ