あるさんのレビューblog

買ったものをレビューするページです。 読み物blogは「日常のblog」よりどうぞ。

カテゴリ: 商品購入レビュー

今回は、なんとなくネタに乏しくて、回線契約のためだけにもらってしまった、MOTOROLAのmoto g8の実機レビューです。

DSC_0020 (2)

まあ、半年遅いって話ですけど、前回のRedmi Note9へのリベンジも兼ねて、今回こそはまっとうにレビューしようと思います。

かんたんなスペック
Snapdragon 665 2.0GHz(Kyro260 Gold) x4+1.8GHz(Kyro260 Silver) x4
メインメモリー 4GB
ストレージ 64GB
前面6.4インチ HD+(1560*720)液晶
無線LAN 11n(300Mbps対応)/Bluetooth5.0
1600万画素(メイン)/800万画素(広角レンズ)/800万画素(広角レンズ)/200万画素(マクロレンズ)
指紋認証センサー、USB type-C端子
モノラルスピーカー/LDAC・aptX・AAC対応
nanoSIMスロット x2(DSDV対応)/microSDカードスロットx1(nanoSIMと排他式)
4000mAhバッテリー
161.3x 75.8 x 8.95 mm 188g
Android 10.0(購入時よりアップデート済みだった)

LTEバンド対応は公式によると、
1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41


DSC_00221

裏はこんな感じ。モトローラのマークが指紋認証センサーです。

一応、OCNモバイルの音声契約必須ですが、1円セールで買っています。
長いモバイル製品所持の歴史の中で、201M以来のモトローラ製品となります。

メーカー希望価格は23,800円(microSD128GB付き)。アマゾンでは21,000円程度、そしてMVNOでは投げ売りをしているモデルです。


Snapdragon 665は割と快適?2020年の廉価版スマホの実力
今回はRedmi Note9と違い、廉価帯のSnapdragon665を搭載しています。
代表的なモデルといえば、XPERIA 10 IIやOPPO A5 2020、Reno3 A、TCLの数モデルなどになりますが、moto g8かなり後発にあたるモデルです。とはいえ、XPERIA 10 IIと同時期に近い感じで、圧倒的に軽いXPERIA 10 IIに比べると、いわゆる没個性的な普通のスマホという感じになっています。
サイズもそれなり。重さもそれなり。188gは立派だと思いますけど、それでもXPERIA 10 IIの151gには遠く及ばないです。その分が2万以上もの差となっています。

まず気になる点ですが、この世代で珍しく、無線LANが2.4GHz帯しか使えないという点です。さすがにもう433Mbpsでいいので、11acに対応してほしいという希望はあります。
素のAndroid 10の割に、ややもっさり感があります。これは基本的にUFS2.1を使わず、eMMCでストレージ接続がされているからではないかと思うんですが、例えば耐えられないほどもっさりしているわけではなく、なんとなくもっさりしているというレベルです。でもAQUOS Sense2やRakuten miniといったSnapdragon 400系に比べると雲泥の差はあり、無茶苦茶遅いって感じでもないです。
うーん、なんか、一般的なWeb閲覧とか、Abema見るとか、そういうのはHelio G85のがキビキビ動いてた感じがします。
最初からファームのアップデートが入る関係で、起動してから3回ぐらい再起動するまでは、まともに設定が出来なかったりします。なんでAndroidの設定を3回とも最後までやらせたのか?

一方で、ゲームはさすがのスナドラという感じで、ゲーム最適化はある程度済んでいるようです。デレステも普通に解像度が合っています。なぜかHD+しか解像度ないのに、普通に3Dの高解像モードも選べてしまうあたりには謎を感じます。あとはストレージ周りの部分で、ロード時間の長さはどうにもならないですけど、プリコネやとじともぐらいでも、そこそこ動いてしまう点はやはり強いです。ただ、毎度このクラスのときには言いますけど、緊急事態のログボ程度に出来るというレベルで、普通にゲームやろうという人は、Snapdragon 835クラスの中古でも別途用意したほうがよほど快適なレベルです。


いい点:やっぱりパンチホールカメラとバッテリー持ちがよい、そしてハンドリングの良さ
正直なところ、ゲームをやらないからという理由も少しは含んでいるのかもしれませんけど、3日ぐらいは充電しなくても問題ないレベルです。単に解像度の低いHD+のディスプレイだからとか、無駄に無線LANを11acにしてないからとかありますけど、それが結果的に功を奏する形となっています。
さらに、そのディスプレイも、パンチホール式のフロントカメラなので、ノッチ式に比べるとやっぱり違和感なく使えます。AQUOS Zero2種を使ってて、やっぱりその辺に納得が行かないというのはありますけど、パンチホールカメラが僕の視野には合ってるんだと思います。

そして、141gのAQUOS Zero2よりも、ハンドリングがいいというのも一つ大きなポイントです。サイズはほぼ同等なんですけど、いわゆるZero2特有の脆さ(儚さ)みたいなものがなく、しっかり詰め込まれてる感じがして、指紋センサーありきでの持ち方になるので、持ってて違和感もそれほどないというのも強いです。重さが40g違うので、流石に同じような使い方は出来ないですけど、Redmi Note9の198gはやっぱり重い感じがしていたのに比べ、こちらはある種の最適解として出された188gとサイズなのかもしれないですね。


まとめ:手堅くまとめてしまっている故、確かに鉄板の1台にはなりうる存在
消極的な考えで言ってしまうと、実に手堅く作られていて、無線LANと画面解像度に問題を感じなければ、これ以上の1台は、もっと高価なReno Aとか、XPERIA 10 IIとかになってしまうのは否めないです。確かに、これは2万のスマホと考えれば、しっくり来ると言っても過言ではないと思います。
直接的なライバルで行くとOPPO A5 2020あたりになるんでしょうけど、こっちは素のAndroid 10というところが圧倒的に強く、値段的には数千円の上乗せにはなるものの、同価格帯にはRedmi Note 9Sというモンスターがいる以上、現実的に、定価でこれを買おうと思うのは厳しいだろうとは思います。ただ使ってみて、音声回線契約というリスクはあるものの、それでも半年前に買って即売ったR17 Neoに比べても、完成度はこちらのほうが高いと思える出来です。1円なら迷わず買っていい機種だと思います。ただ、2万は出したくないです。1万なら出してもいい出来かな。
意外だったのは、Helioで感じたキビキビ感よりはもっさりしているのに、そこまで違和感なく使えるあたり、素のAndroidが効いている感じがします。OSそのものも軽いから、アプリがある程度もっさりしても違和感が少ないんじゃないかと思いますね。
あとは、どこのキャリア、MVNOでもほぼ対応しきれるバンドの豊富さと、さらにVoLTE対応までカバー出来ているという点では、かなり好印象です。AQUOS Zero2よりバンド対応も多く、予備の電話機としても、十分役に立つ1台になりそうです。

惜しむらくは、これらも、結局はすべて1台のスマホによって駆逐されてしまうことなんですよね。あと10日でXPERIA 1 IIが来れば、またこれを予備機として使う日々になりそうです。






おしまい

今回は、ソフトバンクの投げ売りの恩恵に預かる形で買った、AQUOS Zero2 906SHの紹介です。
DSC_0005 (1)

ハイエンドクラス最軽量を目指した、AQUOS Zeroシリーズ
まず簡単にこのZeroシリーズの成り立ちに関して。
S835系の時代で一時的な完成形を見た16:9のスマートフォンでしたが、回線の高速化によるリッチコンテンツへの対応や、ゲーミング特化などという方向性、そしてその際たるものが、液晶アスペクト比の雑多化により、S845搭載モデルは、各社ともに難産なモデルが多く、おそらくはGALAXY S9ぐらいしかまともなスマホにならなかったという感じです。この世代を代表するモデルといえば、XPERIA XZ2/3シリーズ、AQUOS R2、初代ROG Phoneなど、新機軸を打ち出そうとするモデルが多数出ました。
ちょうど同じ頃、シャープの中でOLEDの開発が進んでいました。おそらくは、ハイエンドモデルに何らかの形で搭載したいという思いはあったんでしょうけど、AQUOS R2のときには間に合わず、IGZOの液晶パネルを使っています。
多分、このOLEDを搭載するにあたり、普通の液晶パネルのスマホより軽いものが作れないか?というところから始まって、AQUOS Zeroという形で具体化したのだと思います。146gというインパクト。他社が6インチクラスで200gを切ればそこそこと言った中、この軽さは大きな武器となります。販路も当初はソフトバンク専売、後にSIMフリー版も登場します。しかしながら、初号機であるゆえ、リフレッシュレートは60Hzと、従来シャープの液晶が得意としてきたリフレッシュレートの高速化対応という点では、まだ改良の余地がありました。その他、カメラがシングルだったり、別途指紋センサーを付けたりと、軽さを重視した結果、そこそこの廉価帯モデルでSoCのみハイエンドという、実際に不便はないけど数字の競争で負けてしまっている感は否めませんでした。
ただ、なにか確信を得られたのか知りませんが、シャープはここで諦めず、Zero2の開発を行います。この時は多分IGZO搭載をRシリーズ、有機EL搭載をZeroシリーズとして、交互にリリースしていくという感じで考えていたのではないかと思います。
ピーク時のリフレッシュレートが240Hzで動作する有機ELパネル、そして8GBメモリと256GBストレージ、SoCはハイエンドらしくSnapdragon855を搭載し、カメラもツインカメラになるなど、国内メーカーのスマホとしては、カタログスペック上では最高、それでいて、最終的に141gという軽さに仕上げたのが、今回紹介するAQUOS Zero2です。
決してコンセプトは間違っていなかったのですが、結局2020年に入ってから発売され、ほぼ同時にコロナ禍という不運、さらに総務省の値引き縮小命令、加えて3月には5G世代のモデルもリリースされたこともあり、華々しく国内の3キャリアでの取り扱いがあったにも関わらず、完全に存在を消されたモデルになってしまいました。2ヶ月後にAQUOS R5Gが発売されてしまったことも、不運としかいいようがありません。

その後、おそらくは有機ELモデルにZeroの名称を使うことに決めたのか、AQUOS Zero 5G basicという、ミドルエンドで、全く軽くない(182g)モデルをリリースしています。3があるのか、あるいはS865搭載モデルが出るのかはわかりませんが、このブランド名は宙ぶらりんな状態になっているようです。

かんたんなスペック
Snapdragon 855 2.8GHz(4コア)+1.8GHz(4コア)
メインメモリー 8GB(LPDDR4X)
ストレージ 256GB(UFS3.0)
前面6.4インチ FHD+(2340x1080) 240Hz駆動、HDR10対応OLED液晶
無線LAN WiFi5 (11ac、867Mbps対応)/Bluetooth
1220万画素/24mm(メイン)/2040万画素/16mm(広角レンズ)
800万画素インカメラ
USB type-C端子
LDAC、aptX HDコーデック/TWS Plus/aptX Adaptive対応
nanoSIMスロット x1
3130mAhバッテリー
NFC/おサイフケータイ搭載
防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP6X)
158 x 74 x 8.8 mm 141g
Android 10.0

906SHに関しては、LTEバンドが異様に多く、
Band1/3/8/11/18/19/28/41/42(国内対応バンドのみ記載)

とりあえず、ドコモ、au MVNO、Rakuten(B3のみ)での動作は確認。
初期のファームではドコモのSIMでは19や28は掴めなかったのですが、アップデートをすることで、追加対応しているような感じです。Band21のみ、ドコモ版のSH-01Mしか対応していないので注意。


申し分ない使い勝手、一方で気になる点も数多く。
まずゲーム。
(2020/10/01現在・インストールおよび動作確認用垢にて起動まで確認)
ラブライブ スクールアイドルフェスティバル
バンドリ ガールズバンドパーティ
アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ
アイドルマスターシャイニーカラーズ(enza版/アプリ版)
刀使ノ巫女 刻みし一閃の灯火
マギアレコード
きららファンタジア
ポケモンGO
ドラゴンクエストウォーク
プリンセスコネクト Re:Dive
スーパーロボット大戦DD
ミニ四駆 超速グランプリ
この素晴らしい世界に祝福を! ファンタスティックデイズ

魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(6.0 ローカル版)
ときめきアイドル(2.0 ローカル版)
ラブプラス EVERY(オフライン)

まあ、そもそもがnubia Z20で動いていれば、ほぼ快適に動作するという感じです。ストレージはZ20がUFS2.1だったのが、Zero2ではUFS3.0になっていますが、ゲームのロード時間などで多少は効果があるような感じです。
XPERIA 1 IIほど動作と動作の間みたいなものが埋まるわけでもないですが、体感で比べると、コンマ数秒程度のレスポンスの違いはあると思います。まあ、この辺が気になる人はそもそもXPERIA 1 IIもZero2も持っている人です。普通に使うぶんにはノンストレスです。

ただ、気になる点として、デレステで、スライドからのロングノーツなんかで、タッチ切れを起こすシーンが見られます。貼っているTPUフィルムのせいなのかもしれないですけど、ほぼ同じところで切れるため、自分の腕ではないかなとは思っています。たいてい、音合わせはStage Bye Stageでやるので、よほどタイミングが合わないモデルでもない限りはフルコン出来ますが、体感8割ぐらいでタッチ切れが起こる感じです。(ロングノーツからスライドがクロスするあたり)
あと、ロングノーツが左右で続くような譜面でも、隣り合っている場合は片方が突然切れたりするような現象が結構多いです。2点以上のタッチ動作で失敗してる感じが多いです。
困ったことに、最近買ったmoto g8では、そのあたりの譜面は、両方とも100%コンボをつなげるので、(仮に個体差だとしても)ちょっとこのレベルでは厳しい気がしますね。

あと、音を出してプレイするとわかるのですが、タッチタイミングがプレイ状況で大きく異る点も要注意です。例えばタイミング調整で+16に音合わせしたあと、違う曲をプレイするとまるで合わないので、また音合わせをすると+11になるとか、多分バックグラウンドでのタスクキルに関係しているような気がします。シャープのゲーミング設定を切ってもあんまり変わらないあたり、これはどこを修正すればいいのかがわからないです。(ちなみに、AQUOS Rではこの辺の問題はなし、Zeroでもスライドでタッチ切れ起こる感じはあるけど、タイミングは一定)


DSC_0001 (2)


参考までにZero(右)との比較です。Zeroにはガラスフィルムを貼っているせいで、ちょっと映り込みがありますけど、まあ、たしかに縦に長くなっている感じです。
使い勝手というか、手の収まりはZeroのほうがいいです。ただ、持って使い場合になると、Zero2のほうが断然いい感じです。

DSC_0003 (1)

ちなみに背面ですけど、どうも高さ的な問題なのか、Zeroの指紋センサーとカメラを間違えて触っていることが多いです。XPERIA XZ2でも同じようなことはありましたね。中華スマホは、コンパチに見えて、実は割と計算されているんだなとちょっと感心しました。
一方のZero2は、高級感のあるブルーとなっています。これはこれでいいですね。

カメラは割愛。オーディオもステレオスピーカー搭載ですが、XPERIA 1 II以前なら十分だと思ったかもしれません。まあ、中華スマホのような、左右の位置ずれのようなものはないので、聞いてて悪くないと思います。

デレステの慣れはともかく、この端末が投げ売りされる理由は、前モデルと同じく結構ピーキーな点にあるんじゃないかと思います。良くも悪くも、AQUOS Zeroの時には没個性が功を奏する感じで、あまり欠点として見られていなかった感じがあります。
2台ともそうなのですが、ピークパフォーマンス時かつ、急速充電を行っているときに、パフォーマンスを優先するあまり、熱により給電が停止し、本来ならサーマルスロットリングなんかで強制冷却をするはずが、そのままピークパフォーマンスを維持してしまいます。そのため、ゲーム中にスマホが強制シャットダウンという可能性もなくはないです。Zeroのときは頻度はそこまでなかったのですが、それでもゲームでのピークパフォーマンス+急速充電時で、バッテリー充電が停止してしまい、しばらく熱を冷ます必要がありました。この頻度が、Zero2になってから多くなりました。冷却機構を強化しても、これだけ薄いとやっぱり放熱が厳しいのだと思います。
HSパワーコントロールみたいな機能があれば、一番いいんでしょうけどね。

あと、有機ELで消費電力減を狙っていたはずが、思ったより消費電力が下がらず、3130mAhのバッテリー容量では心もとないというのも付け加えておきます。例えば、nubia Z20(3400mAh)で同じルーチンを1日やって、だいたい50%消費で済むところ、Zero2は75%程度の消費となり。仮にセルスタンバイ系の消費を考えたとしても、たかだか300mAh程度の容量でのバッテリー持ちが20%も多いのは気になる点です。ちなみに、Zeroでは同様のルーチンをこなして、60%程度消費しています。両方とも言えることなんですが、IGZOパネルの省電力性があまりに凄すぎて、有機ELはまだ改善の余地が大きいとも考えられるし、さらに言えばZero2では、リフレッシュレートの高速駆動を目的として、わざわざWQHD+程度からFHD+程度まで解像度を落としても、4倍速で動いてしまえば、結局2倍程度のバッテリー容量は必要になってくるというわけですよね。

更に気になるのは画面内指紋認証で、親指だけ両方とも2つ登録してるんですけど、それでようやく快適に認証出来る感じです。良くも悪くもXPERIAのサイドセンサーは機能的に悪くないんだなと思ったりしますね。

軽さを得たいなら、全てを飲み込め。141gという軽さは、それをすべて飲み込んでこそ、得られる世界なのだろうと思います。ゲームのプレイ時間が長ければ長いほど、軽さは大きな武器になります。でもバッテリーどころか、給電が足を引っ張ってしまう。給電に問題がなければ、本当はそれで構わない気がしますけど、いざこのバッテリー消費を考えると、少し早すぎたコンセプトだったのかもしれないかなとも思います。

まとめ
バッテリー切れに気をつければ、ハイエンドモデルの享受は十分受けられる、残念ハイエンド


全ては軽さです。これは本当に何者にも変えられない威力です。確かに通話とちょっとしたWeb閲覧だけだったら、2日ぐらいは持ちますから、存在としては面白いです。LTEバンド対応の豊富さも魅力です。
これ1台ですべて日常のタスクをこなそうと考えた場合には審議が出ます。あくまで、サブだったり、予備だったりで使うあたりが、ほんとうなら丁度いいのかもしれないです。スペックがそれを許さないのが、ちぐはぐさが出ています。なので、スペックを考えれば安い値段で買ってはいますけど、かなり満足度は低いです。ただ、中華系のスマホはこのサイズの液晶を搭載してると、5000mAhもの大容量となるため、200gを超えるモデルになってしまうのでしょうから、そこはやっぱり飲み込むしかないです。
本当だったらこれ1台で済むはずだっらZero2に、モバイルバッテリーを持つんじゃ、あんまり意味がないですよね。シャープが、もう少しバッテリーを担保に、10gぐらい重くして、給電周りがなんとかなってしまえば、それで解決しそうなんですけどね。

現在は33000円程度で推移していますけど、ハイエンド好きは買って悔いはないと思います。スペックを考えれば破格ですが、コレクションの1台程度が丁度合っている感じで、fps以外のゲームには、あまり向いていない端末かもしれないです。ただ、やっぱり軽いというのは、どうしようもない部分であるため、そこに活路を見いだせるかどうかで、このスマホの価値は決まるんじゃないかなと。

個人的には気に入っていますけど、やっぱりバッテリー消費はなんとか出来ないものかな。





おしまい

今回は、日本で売ってないほうのRedmi Note 9である、Xiaomi Redmi Note 9(Helio G85)の紹介です。
20200826_135014
ごめんなさい、もうヤフオクに出しています。今回はその画像を利用しています。

かんたんなスペック
Helio G85 2.0GHz(Cortex-A75) x2+1.8GHz(Cortex-A55) x6
メインメモリー 4GB(上位版)
ストレージ 128GB(上位版)
前面6.53インチ FHD+(2340*1080)液晶
無線LAN 11ac(433Mbps対応)/Bluetooth5.0
4800万画素(メイン)/800万画素(広角レンズ)/200万画素(深度レンズ)/200万画素(マクロレンズ)
指紋認証センサー、USB type-C端子
モノラルスピーカー/LHDC、AAC、SBC対応
nanoSIMスロット x2(DSDV対応)/microSDカードスロットx1(トリプルスロット)
5020mAhバッテリー
162.3x 77.2 x 8.9 mm 199g
Android 10.0/MIUI 11(※グローバルROM、購入時)

LTEバンド対応は公式によると、
1/2/3/4/5/7/8/20/28/38/40/41

20200826_134253

Screenshot_2020-08-09-23-40-46-974_com.miui.home~2 (1)

ちなみに背面はこんな感じ。
20200826_135051



果たして、廉価帯スマホはどれぐらいの性能なのか
ぶっちゃけ、これと言って特徴はない上、日本国内ではSnapdragon 720Gを搭載したRedmi Note 9Sが発売されています。24,800円で得られる性能としてはそっちのほうが上です。
では、なぜ9無印を買ったか、というのは、非常にかんたんで、Helio G85を搭載しているスマホだったからと、2万という予算内、アマゾンで翌日配達で買えたからです。いい加減、日本でもMediaTek製SoCが採用される可能性も出てくるだろうし、1台ぐらいは使っておきたかった。
Screenshot_2020-08-09-20-55-55-567
Screenshot_2020-08-09-20-36-43-010Screenshot_2020-08-09-20-42-22-994

ベンチスコアは、もうよくわからないですけど、CPUの構成が割と面白いのに、GeekBenchのスコアがS855の半分のスコアが出てしまうことに驚きです。GPU、3D性能は、まあ見えてたことですけどやむなしと言ったところ。
現状でS855はラインナップされていないのでなんともなのですが、それにしても、値段半分で性能半分という感じではないのだと知らされます。もちろん、1万円以内とかならまた話は別になるんでしょうけど、この2万円クラスでも如何に性能面の底上げされてるか、よく分かる感じです。

実際、本当にWebを見るとか、動画見るとか、そういう用途で困ることはまずなかったです。キビキビ動いてくれてましたし、特に不自由しないレベル。強いて言えば、ハイエンドに対してのリードタイム比は体感できるレベルではありますが、S835、Android9.0ぐらいの世代の感覚に近い感じの速度ぐらいにはなっていると思います。とりあえず急場しのぎとか、ログボ継続とかであれば、頑張れる程度です。

Screenshot_2020-08-09-21-10-08-413

ちゃんとゲームモードもあります。今のトレンドを押さえているあたりは、さすがにXiaomiの主力だなと思います。

まあ、とはいえ。
正直なところ、これでゲームを頑張ろうと思えるかというと、まず無理だと思います。ロード時間もそうですけど、例えばプリコネRが快適にプレイできないぐらいならまだ諦めは付くんですけど、マギレコぐらいでも演出でガクつく感じは否めないので、本当に苦肉の策でログボ継続として使おうというのであれば、しのげると思います。必要最低限の日課があるガチャゲーにおいて、この日課の時間を如何にして効率よくこなしていくかというのは、もうみんな分かっていることだと思いますけど、AQUOS Sense2のときにも思いましたけど、さすがにこのクラスでは非効率になってきますね。
また、Mali-G52にゲーム側が対応しきっていないという可能性も否定できないですし、今後とも期待があまりできないので、その点はちょっと差し引いておかないといけないですね。結局のところ、9と9Sの大きな差は、Snapdragonではないこと、ということに尽きるのでしょう。

いい点:パンチホールカメラ内蔵のディスプレイと、圧倒的な電池持ち
じゃあ、全くいい点がないのかというと、そうでもないのがこの機種の特徴で、Xiaomiの中ではRedmi K30、Mi 10 5Gに続く、パンチホール式のカメラを内蔵したディスプレイを採用している点。個人的にあのノッチ型は大嫌いで、ディスプレイの上の中央に配置されているフロントカメラもデザイン的に嫌いです。ベゼルで覆ってしまったほうが、サイズは大きくなっても画面全体が使えていいと思うんですよね。もっとポップアップ式とか、あるいはリアカメラ兼用にしてしまうとかで解決できないものかと思っています。
カメラ周辺の輝度が上がりにくいせいか、白い背景だと黒っぽく目立つのですが、比較的自然にカメラが気にならない位置に来るというのが、パンチホール式の利点だと思います。 

あと、待受のバッテリー持ちがすごくいいですね。
Screenshot_2020-08-26-13-10-56-497_jp.smapho.battery_mix

8/20にコネクタを抜いて、MVNO(ドコモ系のLinksmate)を入れたまま、ちょいちょい使う感じで約6日で80%の消費。単純に半分だとしても3日持ってしまうというのは、久々にスゴいなと思いました。こういうバッテリー持ちって、基本はKirin系が強いんですけど、Helio系もその辺は着実に進歩しているところです。逆に考えると、3000mAh程度のバッテリーでも待受は3日以上持つことになるわけですから、小型軽量モデルなんかも設計しやすいようになってる気はするんですけど、コンセプトに反するんでしょうかね。
まあ、一応198gと、9Sに比べて多少軽くはなっていますけど、この重さはもうちょっとなんとかならないものかとは思います。とにかく、画面を大きくして、比例してバッテリーを大きくするという昨今の流れ、重さが価格とのトレードオフになる現状は、やっぱり受け入れがたいです。

Bluetoothは、LDACやaptXは当然サポートすることもなく、代わりにLHDCには対応しているようです。HWAはイマイチ浸透していないのですが、実はXiaomiがLHDC対応のTWSイヤホンを出していたり、Fiioにもちょこちょこ対応したオーディオ機器が出てきています。LDACのTWSコーデック関係がまだ開発中であることを考慮すると、HWAは抜きにしても、LHDCはあっという間に浸透することも考えられそうです。

あとMIUIですけど、使い勝手も選べるようになってて、通常のAndroid UIのようなスタイルにすることも一応可能にはなっています。ただ、やっぱりアプリ通知は任意で細かく設定していかないと、ちゃんと受信表示が出来ないなどの問題は残ったままです。OPPOもそうですけど、せっかくAndroid Go準拠のモデルを出せているメーカーなのに、誰もがiPhoneライクなUIを求めちゃいないということを、グローバル化することで理解できないものなのでしょうかね。この点は残念でならないです。


まとめ:価格を考えれば非常に良い出来。でも非力さは痛感する。
2万か。正直新品2万として考えれば、ある意味この程度でも仕方がないと諦めきれるところはあります。日本市場向けに9Sを他の国とほぼ同価格帯で出しているのは、前述にも関連して、Qualcomm搭載スマホのほうが、キャリアの相互接続試験をパスしやすいというのもあるのでしょう。
OPPOのように、日本市場向けに特化した、Felica互換モジュール搭載のモデルを作ることで、キャリア採用まで3年とかからなかったメーカーもありますけど、Xiaomiも今年からauのラインナップに入ることや、9Sが様々なMVNOでも採用されていることを考慮すると、もうワンセグだったり、おさいふケータイだったりのこだわりが日本でもなくなりつつあるのかなという気がしています。
そういう点では、さらなる廉価帯モデルを投入するという選択肢も、Xiaomiにはあるんじゃないかと思うんですよね。Note 9は無理でも、Redmi 9シリーズのような、途上国向けのエントリーモデルを1機種でも投入すると、それだけでUMIDIGIとか、OUKITELとかのような、本機で値段相応のモデルのシェアをかっさらうことはできるんじゃないかとも思います。

立ち返って、電池持ちもかなり頑張っているほう、普段の通話やメール、SNSぐらいならたしかに十分すぎる性能、これを考慮すると、2万に見合うだけのポテンシャルはあります。
あるんだけど、そのポテンシャルじゃ、もう俺は戦えないんですよね。これは単純に常時ハイエンドモデルを使っている弊害ではあるんですが、ハイエンドを使っている人間が、何らかの形でローエンドに変えざるを得ないなら、旧世代のハイエンド機のほうが、まだよほど快適であるということが理解できました。OPPO R15 Neoのときもそうでしたけど、ミドルエンドが丁度いいのは、ミドルエンドしか体感してない人の丁度いい性能なんですよね。日本人がiPhoneから抜け出せないのも、ある意味ハイエンドモデルによる弊害とも考えられますね。

結論としては、中途半端に2万程度のスマホを買うぐらいなら、やっぱり無理してでもハイエンドSoC搭載のスマホを買うべきなんだなということが分かったことということで、締めておきたいと思います。無理してでもPoco F2 Proだったかな。







おしまい

今回は、ソニーの5G対応スマホ、XPERIA 1 II (Mark.II) SO-51Aの実機レビューをご紹介。

IMG_20200622_165633


ブラッシュアップされた、XPERIA第4世代のフラッグシップモデル
国内リリース10年を迎えたXPERIAを紐解く上で、大きなモデルチェンジはしばしばあったものの、シリーズとして区分けをすると、以下のような感じになります。

  • (Windows Mobile版 XPERIA、2008~2009年)
  • XPERIA初期シリーズ(2010~2012年)
  • XPERIA Zシリーズ(Z~Z5シリーズ、2013~2015年)
  • XPERIA X/XZシリーズ(X Performance~XZ3、2016~2018年)
  • XPERIA 1シリーズ(1以降、2019年~)
名機と呼ばれるモデルはそこそこあるものの、試行錯誤の連続あり、モデル的には退化と進化を繰り返すような感じが多く、その点では他のメーカーに比べて、ユーザーが浮かべるイメージが異なると思います。
実際、頂点はXPERIA Z3ぐらいだと言われていますが、個人的には、ZL、Z4、XZ Premiumが好きです。それは何回も書いていることなので、くどくど説明することはしません。

そして2018年のXPERIAで、本当の底を経験することになります。形状に重さ、そしてカメラやオーディオ周りに至るまで、全てが噛み合わない、アンビエントフローデザインありきのモデルチェンジ。移り変わりの速いスマホ業界で、完全に1年を無駄にするという失態。数少ない次期モデルへの遺産もありつつ、この1年で終了します。

そして規模縮小の上で始まったONE SONYを具体化すべく登場した、XPERIA 1をリリースした2019年を経て、5G初号機のXPERIA 1 IIとなります。
XPERIA 1は執筆時には、まだ国内キャリアの3G契約変更向けに配っていますが、ドコモ向けは初期ロット完売するなど、市場としてはそこそこ好評だった形をさらに推し進めたような形となります。

ドコモ版は、au版に比べて、実に1ヶ月以上も販売開始が遅れるという珍しい展開となりましたが、Photographer Proのリリースを待っての、満を持しての販売開始となりました。(とはいえ、アップデート対応というお粗末な結果ではある)

XPERIA Zシリーズが好きだった人への、5G版XPERIA Zとなるモデル
薄くて、軽くて、ハイエンド。XPERIA Z4が目指した当時のコンセプトでした。実際、XPERIAのハイエンドに、Z4以上の薄さ、軽さのモデルは、Compactモデルを除いて存在していません。あれから5年の間、スマホは年々重量増を繰り返すものの、XZシリーズでも一つの頂点となるXPERIA XZ1の156gを達成。それからアンビエントフローデザインとなり、中でもXPERIA XZ2 Premiumに至っては238gという超重量級、しかしながらXZ2より小型の液晶を搭載するなど、サイズと重さが噛み合わないモデルが多く、これがZ3辺りからのユーザーへのアップグレードパスを閉ざしてしまったことも否めないです。

XPERIA 1は、そこをかなり詰めたのか、デザインもどこかZシリーズ初期を思わせ、重量も178gと、同世代のハイエンドモデルとしては、かなり頑張った重さとなりました。数少ないXZ3での改善点だった有機ELを4K、6.5インチ、そして21:9というアスペクト比にまで大きくしたディスプレイ。SONYはまだマトモなスマホを作れるという狼煙を上げたモデルでした。

しかし、これで終わりじゃなかったのが、今回のXPERIA 1 II。電源ボタン兼指紋認証センサーに戻し、デザインもさらにZシリーズに戻ったかのような板デザイン。XZ1以来となる3.5mmイヤホンジャックの再搭載と、XPERIA好きがこれでもかと願ったようなモデルを、5Gのファーストモデルに用意してくれました。ここまで徹底して原点回帰してくれたSONYに、素直に称賛しかないです。

スペックよりも、ラベンダーっぽいパープルボディが決め手
去年の1も、パープルが出るという話を聞いて、かなり心が揺らいだのですが、ちょっと色が濃すぎたのもあり、さらに言えば、コストパフォーマンス的なモノでnubia Red Magic 3を予定外に買うという事態も起こってしまったので、結果的に機会を逸してしまったわけです。去年は結局1月にXZ2 Premium、5月にXZ2 Compactを買いましたが、両方とも年をまたぐことはなく(というか、そもそも年をまたぐスマホというのが、それほど多くない)、XPERIAロスが割と長かったというのがあります。まして11月には、XPERIA XZ Premiumを売っているため、2020年にはS810のZ4以前のXPERIAしか所持していないまま明けるという、珍しい年またぎとなりました。(なおZ20とRM3の二台持ちだった模様)

明けて2月、何より値段の折り合いを付けて買おうと決心したのは、ラベンダーっぽい、薄いパープルボディが出るということでした。憎きXPERIA Aceでは存在した薄いパープルボディが、ハイエンドでも選択できるところが、大きなポイントです。
遡れば、XPERIA Z3もなんかむやみに海外からパープル取り寄せたし、XPERIA A2には未だに未練があるし、その辺り、初期のVAIOにも通じる感じから来るイメージなのかもしれません。

かんたんなスペック
Snapdragon 865 2.8GHz(1コア)+2.4GHz(3コア)+1.8GHz(4コア) +X55 modem
(Kyro585 Gold 4コア+Kyro585 Silver 4コア/Adreno 650)
メインメモリー 8GB
ストレージ 128GB(UFS3.0)
前面6.5インチ 4K HDR10対応OLED液晶
無線LAN WiFi6 (11ax、1200Mbps対応)/Bluetooth5.1
1200万画素/24mm(メイン)/1200万画素/16mm(広角レンズ)/1200万画素/70mm(望遠レンズ)
800万画素インカメラ
電源ボタン兼指紋認証センサー、USB type-C端子
ステレオスピーカー/3.5mmイヤホンジャック
DSEE Ultimate/LDAC、aptX HDコーデック/TWS Plus/aptX Adaptive対応
ダイナミックヴァイブレーション搭載(まだ付けるのw)
nanoSIMスロット x1/microSDカードスロット x1
4000mAhバッテリー/Qiによるワイヤレス充電対応(最大11W)
NFC/おサイフケータイ搭載
フルセグチューナー内蔵
防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP6X)
166 x 72 x 7.9 mm 181g
Android 10.0

5G、LTEバンド、3G対応は公式(SIMロック解除後の海外バンド含む)によると、
5G n77/78/79
LTE 1/3/4/5/7/12/13/17/19/21/28/38/39/40/41/42
3G 2100MHz/850MHz

4GでもCAにより、下り最大1.7Gbpsという驚異的な速度が出るようです。確かに、常時3CA程度は電波を拾っているので、北区あたりでは、平均して実測20Mbpsぐらいで通信出来ています。

公式に5G/4G専用端末となっており、ドコモの3Gに接続が出来ない模様。
既存ドコモの4Gプラン、MVNO(Linksmate 4G)、およびRakuten UN-LIMIT 4G(SIMロック解除後)でも使用可能でした。(Rakutenに関しては、Band3オンリーなので、かなり制約はある)
ドコモのSIMに関しては、水色SIM以降なら認識は問題ないようです。

個人的には、4Gの通話端末としてどこまで行けるかというのを試す感じです。


余談、5Gエリアに関して
いつだか書いた覚えがありますけど、主要駅でもごく一部の場所でしか、5Gの普及はしておらず、結局のところ、5Gの恩恵を受けられるのは、ごく短時間ということになります。買って3日経ちますけど、4G以外の表示は出ないです。
今回はヨドバシカメラマルチメディア上野店という、都会の穴場的なヨドバシで契約したのですが、ヨドバシカメラの店内で5Gアンテナが置かれるのは、ドコモショップ機能のある店舗が優先になるらしく、開通テストも4Gオンリーという感じになっています。半ば、売っているほうも5Gスマホというよりは、端末指名買いなら売りますという、かなり不思議な状況になっているとのこと。新製品、ハイエンドなのに積極的に推せないというのは、LTE初期にはなかった気がします。FOMAの最初もそんな感じで、エリアがすごく狭かった記憶があって、やっぱり売る方は難しかったです。


レスポンスが向上、意外とデカイストレージ規格の進化
いつものベンチマークスコアは画像の通り。
Screenshot_20200622-165536
Screenshot_20200622-162045
Screenshot_20200622-162405

CPUのスコアが大幅向上しています。3D性能も驚くほどスコアアップしています。
スコア以上に感じたのは、とにかくレスポンスがいいことです。今までのメインスマホであるnubia Z20はUFS2.1で、これでも不満になることはないレベルでしたが、UFS3.0搭載となったXPERIA 1 IIでは、残像低減の効果もあったりするでしょうけど、応答速度がとにかく速いし、アプリ起動も速いです。どこにこれだけ速度を上げられる要素があったのかと驚くほどですね。

nubia Z20でもVoLTEでの通話は出来ていましたが、1 IIは驚くほどキレイな音声通話が出来ますね。固定回線にかけてもキレイに聞こえます。なんかよく覚えてないですけど、これってXZ2 Compactでもそうだったんだろうかな。


ゲーム。
(2020/06/21現在・インストールおよび動作確認用垢にて起動まで確認)
ラブライブ スクールアイドルフェスティバル
バンドリ ガールズバンドパーティ
アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ
アイドルマスターシャイニーカラーズ(enza版)
刀使ノ巫女 刻みし一閃の灯火
マギアレコード
きららファンタジア
ポケモンGO
ドラゴンクエストウォーク
ラブプラス EVERY
プリンセスコネクト Re:Dive
スーパーロボット大戦DD
ミニ四駆 超速グランプリ
この素晴らしい世界に祝福を! ファンタスティックデイズ

魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(6.0 ローカル版)
ときめきアイドル(2.0 ローカル版)

毎度言いますけど、ときドルはローカル、スペック向上になった今こそ3D表示が超絶キレイに見られるという、ハード側の進化が一方的に体感できる面白さがあります。

21:9のアスペクト比が多少なりとも黒枠となって現れるゲームもありますが、個人的にはほぼ許容範囲です。無線LANもWiFi6に対応しましたが、それとともに、type-C経由で有線LAN接続にも対応しているようです。
筐体がギリギリまでフラットな特性が生きて、さらに残像低減効果により、デレステやガルパでの譜面速度調整も全曲ほぼ同じで問題なく遊べる感じです。(余談だけど、nubia Z20はこの辺がRM3のリフレッシュレート90Hzに比べて劣っていたので、AQUOS Rを買って遊んでたわけだけど)

しかしながら、21:9、6.5インチであるゆえ、横持ちの場合、とにかく手で左右をどうやって詰めようかというので、ちょっと思うところはあります。なかなか最適なハンドリングが見つからないです。

カメラは専門外なので、ここでは省略しますけど、XZ2 Premium唯一のいい点だったツインカメラより目で見てるぐらいの色相にはなります。ThinkPad P1の天面をズームして、しっかり細かいキズが見えたりして、使い方荒いのかなとガッカリするぐらいに高精細には写ります。

オーディオ
間違いなく、XPERIA最高と呼べる、オーディオデバイス対応です。3.5mmのイヤホンジャックに加え、aptX系の拡張機能も実装、さらにステレオスピーカーの配置もよく、これに加えて21:9のディスプレイで見る、シネマサイズのシン・ゴジラの良さ。映画はDolby AtmosをONにすると、没入感が高くなりますね。
今回は、さらにDSEEがXPERIA向けに進化したDSEE Ultimateを搭載しており、AI解析により、MP3を始めとする圧縮音源をアップスケーリングするという、一見するとDSEE HXと何が違うのかわからない機能があります。Bluetoothやストリーミング再生にも対応とのこと。確かに低ビットレートのMP3なんかがそれなりに映える音になるので、一応効果はあるようです。

で、肝心の音の傾向としては、SONYっぽい音と表現する他ない、ウォークマンのAシリーズ相当ぐらいの音は出ています。良く言えばキラキラ、悪く言えば派手な感じです。Hiby R6は音量を上げると、いわゆる音圧みたいなものも多少変わってくるのですが、こっちはそういう感じではなく、どこまでも音の強さみたいなものは変わってこないです。ただ、普通に聞くレベルの音量で、そこまでパワフルにする必要もないでしょうし、そういう点ではXPERIA向けに最適化された仕様なのだと思います。

そして、ようやくTM2のメイン機能の一つである、TWS Plusが使えるようになりました。
Screenshot (2020_06_22 23_43_43)

Screenshot_20200622-234848

こんな感じで接続されているようです。
この機能が地味に効果絶大で、山手線の車内はもちろん、土日の秋葉原ですらほぼ音が切れないというスゴさ。これまでは単なるMMCX用のアダプターという大義名分で使ってましたが、AKG N5005と合わせて、これからは晴れて接続性の良い、長時間利用出来るTWSとしてもうひとがんばりしてもらおうと思います。

バッテリーの持ちに関して
個人的には、ゲームをやることもあって、とにかく24時間持てば大丈夫だと考えているものの、割と長持ちする印象。これなら普通に使うぶんには2日ぐらいは行けるんじゃないかと。それでも実容量で5000mAhあったRM3なんかに比べると、余裕の2日ではないとは思います。
XZ2シリーズのように、Qi充電をして、サーマルスロットリングが起こることもありません。

その他、ちょっと気になる点として、SIMやmicroSDがしっかり収まらないことがあったりします。トレイにしっかりはまらないけど、まあ認識はしているので、今はいいです。


まとめ、XPERIAはまだ死んでないと再確認した偉大な一台となるはず
細かいことはさておき、XPERIA久々のヒットモデルであることは間違いないと思います。こういうモデルが欲しいというものを、完全にに具現化したと言っても過言ではないです。シンプルに、必要な機能をすべて詰め込めたという点で、SONYのXPERIAはまだ死んでないと再確認出来ました。
XPERIAが好きなら無条件で買っていいし、Zシリーズから抜け出せなかった人にも、ようやく2020年版のXPERIA Zとして、1 IIを受け入れることが出来ると思います。

強いてメインメモリとストレージ容量、ないしはDual SIMなどが欲しいというのはありますけど、メインメモリは8GB、ストレージに関しては128GBと標準的な水準であり、そこまで目くじらを立てるほどではありません。キャリア版ということもあり、Dual SIMは一部地域のモデルに限定されていますが、どうも海外版でもドコモのVoLTEは行けるっぽい感じらしいのが、唯一心残りではあります。

今回は5G世代の初期ということもあり、比較的安く購入出来て、通信もテスト済みのドコモ版を購入しましたが、今後は海外版Dual SIMモデルでもいいのかなと思ったりします。10万そこそこ、と聞くと案外高い感じもしますけど、これだけあからさまにレスポンスが良ければ、スマホに対するストレスもほぼ感じないようになるので、精神衛生上の観点では、安い買い物とも思います。
とはいえ、これだけ決定打となるモデルを出してしまった以上、5 IIの出来も気になるところですし、何より今後しばらくはこれ以上のXPERIAが出るとは思えないのですよね。それはそれでいいのですが、この路線をブレずに継続出来るかどうかという点が、今後のXPERIAの大きな課題となるのではと思います。


とりあえず、今はこの名機を所持しているということに満足して、キレイにレビューを締めたいと思います。




おしまい

↑このページのトップヘ